2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07








舌を動かす筋肉が弱い日本人

口周りや舌を動かすための筋肉は、"母国語を話すために必要な所"を動かします。動かすから強くなります。当然ですよね。

言い換えれば必要ではない所は動かさないので、筋肉も弱いのです。

英語は、舌をよく動かす言語です。一方日本語はそれに比べるとあまり動かさなくてもしゃべれる言語です。ですから、当然舌を動かす筋肉の発達度が違います。


だから、発音練習する時は最初動きづらいことがありますから、大げさに大きく動かすようにした方がいいのです。口周りが柔軟になってくるし、だんだんと慣れてきてスムーズに動くようになっていきます。


筋肉の違いを特によく思うのは、舌を引いてください、と指導する時です。

"舌の根元から引いて、舌先は持ち上がらないよう"にして欲しいのですが、発音練習初めたばかりの方は、たいてい思うように引けません。引いているつもりで実際に鏡で確認してもらうと舌先が上にあがってしまうのです。


でもちゃんと発音練習を続けて、レベルも上がってきた方は、いつの間にか難なくできるようになっています。





にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑お好きなのをひとつ。クリックうれしいです。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatuontomo.blog93.fc2.com/tb.php/992-f11f3de1