2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

発音矯正をしてから、ちゃんとファムリー(family)に聞こえるようになった

私が発音を習っていた頃、発音記号も徐々に覚えていた頃のことですが、

family という単語の、m の後ろがあいまい母音(=弱い母音)という
ことに気づきました。

ファミリーではなく、ファムリーがはるかに近い音になります。

m の後ろにあいまい母音が入っていない表記を使っている辞書も
あります。

なので、mの後ろには母音が入らないと思って発音すると
正しい音になります。
(自然に弱い音が入ります)

m だけを発音して、 ly に移りましょう。



私は発音を習うまでは、ファミリーとしか聞こえなかったし、

「ミ」とは発音されてない、なんて気づいたこともなかったんです。(カタカナ時代)

でも、それからは、family に出会うたびに、

ほんまや~

068family
と発音しているわー、って思いました。

セサミストリートのポッドキャストで
たまたまファミリーをテーマにしたものを聴いたときも、

(当たり前ですが)子供も大人もセサミのキャラクターもみんなみんな

同じ発音や~~!!「ミ」なんて誰一人言ってない~!

と感じたのも覚えています。口がすべって「ミ」という人も誰もいません。

(繰り返しますが、当たり前なんですが^^;)



family をファミリーと発音してもたぶん通じるとは思うし、重要な発音ではありませんが、

要は言いたいことは、『聴く耳』を持っていなければ、いっくら正しい英語を

聴いていても、自分が思い込んでいる音にしか聞こえてこない
のです。


だから、カタカナという思い込みは怖いのです。


関連記事
[ 2012/06/28 23:50 ] _発音の重要性 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatuontomo.blog93.fc2.com/tb.php/745-22ed88d0