2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

リズム、イントネーションを真似る練習

英語のリズム、イントネーション、強弱アクセントなどを身につけるためには、

『客観的な耳』 はとても大事な要素だと思います。


リズム、イントネーションって、聴いてそのままそっくり真似ているつもりでも

意外に「できているつもり」が多いものなのです。

別に、あなたが悪いわけでもなんでもなく、

主観的に聴いていると、そういうものだと思います。

(たまに、そういう才能に長けている人もいますが)

客観的に聴く方法は、やはり自分の声を録音することです。


ちなみに私がいつもしている発音練習は、

ネイティブのサンプル音声を流し、

意味の切れ目や、コンマなど、一定の区切りで止めて、 その後に続いてそっくり

真似て発音練習するのですが、

その練習を丸ごと録音しています。


なので、聞き返すと、

サンプル音声、自分の声、サンプル音声、自分の声、 と言う風になります。


それを改めて、客観的に聴いてチェックするのです。

そうするとかなり細かい所まで違いが分かります。

自分では、言っていたつもりでも、

I'll の語尾 L の音が抜けていたり、冠詞のa や the が抜けていたり、

イントネーションがなんか違ったり、

アクセントが弱かったり、

いろいろとセルフチェックができます。

最初は慣れなくて違いが分からないこともあるかも知れないけれど、

やればやるほど 、 厳しく客観的に聴けば聴くほど、

耳が鍛えられ、細部まで違いが分かるようになってくると思います。

これはリスニングにもつながります。

ぜひお試しを。



自分の声を聴くのがいやだー、とか

録音するのが面倒だーとか

いろんな壁があると思いますが、


さあ、乗り越えましょう。


行く先のあるモノは大きいですから。


にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑応援クリック励みになります。

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatuontomo.blog93.fc2.com/tb.php/635-7bed8af8