2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

課題は進んでもらうべし?(落書きイラスト付き)

習い事なんでもそうだと思うけど、

一週間に一時間だけ費やすのと、
事前に準備して、与えられた課題をこなして、一時間に望むのとでは雲泥の差です。

学生の頃、予習・復習が大事とよく言われたものだが、まさに
その通りだなあ、と思う。(←ほとんどやらなかったけど・・)


まあ、学生の頃と違って、大人の学習は自らの意志で、貴重なお金と時間を
使って習うわけだから、最大効果を得たいですよね。

特に、英会話などは1週間に1時間だけでは、量が絶対的に足りません。
通っていることに安心して、何年も通っている割には英語は伸びない、というのも
よく聞く話です。

英会話スクールの広告などには、
ほんとーにちっさい文字で、
「習得には、日頃の不断の努力が必要です」というような内容が書いているの
知ってました?


自ら課題をつくって、自分でやれる人はいいけど、
そうではない人は、宿題を進んでもらってはいかかでしょうか。

授業の1時間を、200%くらい濃いものにして、
モトをとりましょう(←関西人魂)

私は自分ではなかなかできないし、
小心者だから、課題をもらうと期限までにやらなきゃ・・・と追い込まれ
ながらもやります。

最初から、homeworkをくれる先生もいれば、そうでない先生もいるけど、
要求すれば出してくれる場合が多いかも。

また、その人にあった的確な内容の宿題をだしてくれるかどうかも
その先生の資質もわかるんじゃないかなーと思います。

私が、ネイティブの先生にいつも「次のhomework、ください」というと
「みんな、『え~宿題~』といって嫌がるのに」、と言いながらくれます。

そして最近で量も増え、内容も難しくなってきている・・・・のはちょっと不安



私も宿題は好きではないけれど、
それが自分には必要で価値あること、だということは長年の間に学習した(苦笑)

それにいつまでも同じステージにいたくないじゃないですか。

「もっと上手くなりたい」と半年後に同じように思っていても
一段高いステージ(レベル)で悩んでいたいじゃないですか。

半年なんて、あっという間に過ぎるけど、半年っていったら
変化が十分得られるほどの、まとまった期間でもあるわけだし。


まあ例のごとく、こんなことを書きながら自戒も含んでいます。

(こんなにもらうんじゃなかったか・・)と思いながら、レッスン日が
近づくとあせってやっているので・・。
もっと計画的にやらないと・・といつも反省点多しです。

   110302

そんな事件が先日発生。


にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑応援クリック励みになります。
関連記事
[ 2011/03/02 14:00 ] _英語学習・リスニング | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatuontomo.blog93.fc2.com/tb.php/534-cf6e1d97