2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

英語教育、名称を変えたらどうだろう。

発音インストラクターをしていると、発音を重要に思って、習いきて下さる
生徒様がいて、また英語が話せる人や、発音をきちんとおさえている人たちと
知り合いになったりするが、

そうすると、コミュニケーションのための英語や・発音の大事さが
結構広まっているのではないか、というような錯覚を覚える。

でも残念ながら、私が受けた英語教育と変わらない状況が大半で今も
根強いのだろう。

読み書き、訳出が中心で、発音がなぜ大切さなのかは学生に響かない。

でも実は、そういう学生たちの気持ちもわかる。

目の前にあるのは、

単語スペルチェックテスト
中間・期末テスト
受験



まだ多くは読み書き中心であるので、それらを良い成績で通過するのに
目下「発音」は必要ない。。


私も学生の頃はそんな渦中にいて、
でももっと悲劇だったのは、そういう風にテストや受験を乗り越えて
英語をがんばって勉強した先には、話せるようになるんだ、と思っていたこと。


さすがに、ある日突然口からスラスラと英語を飛び出すとまでは
思わなかったが、インプットを大量にすることで、徐々に自然に話せるように
なる日がくると信じていた。。。

(また、カタカナ発音が通じない、とも思っていなかった)

でも、話す力は、話すための練習をしないと出来ません。

習った文法や語彙を実際に使ってみて、伝わる発音で、
アウトプットする トレーニングを行えば、聞く・話せる力はつきます。

独習でもできます。
独習したことを、ネイティブ相手や英会話スクールなどを利用して試すと
モチベーションも維持できます。


でも日本って受験社会だから、受験システムや内容って、そう簡単には変わらない
だろう・・・と思う。
例え、政治家になっても難しそう。。

ならば、名称を変えてみたらどうだ、と妄想してみた。
今の英語を続けることでどうなるか、をはっきり示すような。


例えば、(私が受けた英語教育は前者)

■ 机上英語 vs 実践英語

むむ、固いので

■ 読み書き英語 vs 聞く話す英語

ベタだ・・・

略して

■ 読書英語  vs 会話英語

反対に分かりにくい?


ま、まあ、こんなネーミングが定着すると思えないけれど、どういう英語かは
一目瞭然ですよね。ね?

実際、受験を乗り越えて、私は英語長文などを読めるようになった。
辞書があれば一応英作文もできるし、単語も正しいスペルでたくさん覚えたし、
文法もそこそこ理解したのは、確かだ。

だから、受験が変わらないなら、目的を明確化することで
悲劇が減るのではないだろうか
と思う。

受験のため、と割り切って学ぶ学生がいてもよし。

英語をやるなら、話したいと思う学生なら、「話せる英語」に興味をもつだろうし、
そのためにはどうすれば良いか、考えて、行動を起こすだろうし。

学生が先のことを考えて選択できるので、学生のためになると思う。

それに、社会人になって6年間も英語をやっていてしゃべれないのかと
言われても、

「私は、『読み書き英語』を6年間して、『聞く話す英語』は
していないので 話せないんですぅぅ。」


と理にかなってるので、(堂々と?)言え返せるではないか。

どうでしょうか。こんなアイディア。

なにか定着するような良いネーミングはないでしょうか。

そして積極的に使い分けてくれる人いませんか。

私も言い続けます。

発音の大切さや、コミュニケーションのための英語力を説く周りの大人
(親や英語の先生)の存在もすごく貴重だと思います

多分、少ないと思いますが・・

過去、私の周りにはいなかったので、気づかなかったけど、
教えてくれれば、気づける場合もあるだろうし、その時に分からなくても
将来的に分かるかもしれないし、英語をどのように選択していくか考える
きっかけになるかもしれない。


話せるようになるには、もちろん「発音」だけじゃないけれど、私の立場から
言わせていただくと、

読んで書ける英語でいいなら、発音を学ぶことに時間を費やす必要はありません。

聞いて話せる英語を目指すなら、通じるための発音は必須です。






長文をここまで読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑応援クリック励みになります。
関連記事
[ 2011/02/28 23:26 ] _日本の英語教育 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatuontomo.blog93.fc2.com/tb.php/533-9ff6b656