2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サイレント・シャドーイング

アルクのサイトを見ていて、「サイレント・シャドーイング」というのを
読んでいたのですが、

「シャドーイング」というは、英語の音声をききながら(原稿を見ないで)
やや遅れて、聞こえたままを繰り返し言う、英語のトレーニング法です。

やってみると分かると思うが、意外に難しい。

で、サイレント・シャドーイングは、同じことを声に出さずに
頭の中だけで、ついていく、ようなものだそうです。

利点は、声が出せないような所でもできること。
なので、電車の中とかどこかの待合室とか「ながらリスニング」の時などは
有効です。

それに、シャドーイングよりも比較的簡単なので、とっつきやすい。

「ながら」でも、これを意識的にすることによって音声に集中することが
できるので、リスニング学習がより濃密になるそうだ。

なるほど、と思い、昨日のお風呂上りのストレッチの時に早速やってみたところ、
確かに集中できる!と思いました。

「ながら学習」って、結構ほかのことを考えてしまう危険性があって。
この前も書いたけど、私なんて、しょっちゅう・・気が散りまくり。
あれこれ思考がとびかいます・・

なので、通勤時間の「ながら時間」を利用している人には、試してみる
価値ありです。

ただ、注意することは、サイレント・シャドーイングでついてけるレベルの
ものにすることかな。英語の内容も把握できない、スピードが(自分にとって)
早すぎるもの、などは、しても効果が薄いと思います。


他に、声にだすシャドーイングも必ずやること。
思っていることと、実際にしてみることって、違いますからね~。


にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ

関連記事
[ 2010/12/22 11:22 ] _英語学習・リスニング | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatuontomo.blog93.fc2.com/tb.php/511-93d7d0cc
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。