2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

「water」の発音の解説

海外旅行の時に「water」が通じなかった、というのはよく聞く話ですね。


その対策として、water =ワラ と発音しましょうって、なんて言われたり

しますが・・・、その対策、やはりすごい抵抗を感じます^^;

確かに、「ウォーター」というくらいなら「ワラ」と言った方が分かって

もらえる可能性は高いだろうけど・・・・・・・・・・・・・・


アメリカでは、water を発音する場合は、「t」をはっきり言わずに

やや「d」に近い音で発音します。

(他に、little や better なども)

「t」と「d」の中間のような音ですが、ソフトt とか ソフトd とか

言われたりもします。

実際に聴いてみましょう↓




最初にワラと書いてしまったので、そう聞こえてしまったでしょうか・・・^^;

ちなみに発音記号では、こうなります。
101027-3
(注)ソフトt を表す記号はないので、d で代用。



私が発音を習っている時に思ったことですが、t と口・舌の動きは

全く同じなのですが、少し楽に発音しようとしてみると、これに近い

音が出たので、だから、話し言葉ではこのように音が崩れるのかあと、

納得した記憶があります。

但し、これは個人的に思ったことなので正しいかは分かりませんが。


でも、この d に近い音になるのは、アメリカ発音だからです。

イギリスでは、 water  ときちんと t の音で発音します↓


101027-4


アメリカ人に、なぜ wader と言うの、とたずねてみたことがあるのですが、

「分からないけれど、私達アメリカ人はみんなそう発音する」と

言ってました。

でも、イギリス人の友達と議論になったことがあって、

「Why don't you stupid Americans say waTer? waTer? waTer??」

と言われたことがあるわ、と言って笑ってました。

まあ、イギリス対アメリカの発音論争はさておき、

water と発音して通じないことはありませんし、アメリカ人に発音が間違って

いると言われることもありません。

どちらの発音を選ぶかは、あなた次第ともいえますが、世界共通語を学んでいる

私たちは、まずはきちんと「water」と発音練習してみるほうがいいのではないでしょうか。

特に、他の発音もままならない発音初級者のうちは、そこだけくずした言い方を

まねても滑稽に聞こえてしまうかもしれません。


water の発音ですが、
前にあるアクセントのところは強くだします。
後ろの ter の部分は、間延びしないように短く言いましょう。

使う時は、 please もつけましょうね

water, please.


にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑皆様のクリックで、ランキングがあがります。
よろしくお願いします。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatuontomo.blog93.fc2.com/tb.php/495-c382c6c5