2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

「にやりと笑う」と呼ばれた英国人

留学中、S の音を直された私だったが、

その次は、L と R の音も指摘された。

これに関しては一応は気にはしていたが、

やっぱり全然できていなかったようだ。


LとRの音が大事、難しいと知っていたけれども、

私の関心は英語力とかスピーキング力の向上ばかりに

向けられていたわけで。。。。



ルームメイトの一人に、イギリス人がいたのだが、

彼の名前は「Glyn」だった。


・・・そうです、はい、すみません。

私は、彼のことを「グリン」と呼んでいた。



グリンと呼ぶと、当然ネイティブには grin に聞こえます。


☆(いきなり)今日の単語☆

grin = にやにや笑う、にこりと笑う

grin
誰やねん・・・



そりゃ、そんな風に呼ばれたら、本人びっくりーですよね。


笑子さんを

にやこさん と呼ぶようなものじゃないか。

え、例えが変?



んー

じゃ、例えば、私のハンドルネーム(tomomo)だと、

母音を言い間違えると、tamama になる。

それは私の名前じゃないわい、と言ってしまいたくなる感じですね。



気をつけてくださいね。

今日も、ネイティブは、(それ僕の名前じゃないんだけどな・・・)

と思ってるかも知れません。



にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
クリック1
関連記事
[ 2008/12/07 22:52 ] _留学・海外 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatuontomo.blog93.fc2.com/tb.php/48-02b94b70