2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

口角をあげて口周りを動かすことは効果的

              mouth-cat2


HPに載せるために、また不気味な?口の絵↑を描いてました。^^;

今回は、vowel03の発音の仕方です。(←方法はHPに載せてます


この音に限らず、なのですが、発音練習をするときは、口周りを柔軟に
しっかりと大きく動かすことを心がけた方がいいです。

自分自身が発音を習おうと思った頃は、そんなに意識していなかった
ことだけど、結構、これは大事なポイントでした。

この音の場合は、口角をあげる!でもって、口もひらく! なんです、要は。

けれど、慣れないせいか、恥ずかしいからか、最初はできない方もいらっしゃいます。


口角を上げるためには、口周りにある筋肉、『口角挙筋』や『大頬骨筋』を使っている

そうですが、笑顔を作ってみましょう。これらの筋肉が動きますよ。


もともと、

英語は、日本語に比べるとはるかに口周りや舌がよく動く言語なので、

それを、日本人が、ぼそぼそと口先だけでまねようとして、発音練習するのと、

最初は大げさなくらい、動かして練習するのとでは、成果は大きく変わってきます。

なので、日本語を話すときには使わない舌の筋肉とか口周り筋肉とか、はあえて意識的に

動かした方がいいですよ。


あるネイティブの英会話の先生も言っていたけれど、

日本人は、口が固い、動かない、と感じるそうです。

例えば、二重母音などもしっかりあごを動かさないといけません。


何より、音読速度を上げたりすると、基礎ができていない場合は、舌(または口)が
思うようにまわらず(動かず)、応用の面で大きな差が出てきます。


にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑皆様の1クリックで、ランキングが上がります。
ぜひ、応援のクリックをよろしくお願いします^^
関連記事

ご無沙汰してます

お久しぶりです。
ブログ復活しましたので、ご報告に上がりました。
早速なんですが、今日の私の記事から、こちらの記事にリンクさせて頂きました。
この音を正確に会話の中で出せるようになるには、相当の練習が必要ですよね〜。
私なんて、通じなくて何度泣いたことか。(涙)

「芸は身を助く」じゃないですが、絵が描けるって語学教師さんにとって、すごいアドバンテージですね。
私は何の才能もないので、いつも感心し、うらやんでますよ。
[ 2010/09/06 13:57 ] [ 編集 ]

サンディさんへ

こんにちは^^。お久しぶりです〜。
コメントありがとうございますv-266

ブログ復活されたのですね。待ってました〜^^
早速、記事を拝見させていただきましたが、なるほど〜と
思いました。経験・習得した人だからこそ書ける文だなあと。

> この音を正確に会話の中で出せるようになるには、相当の練習が必要ですよね〜。
本当にそうですよねえ。
でも、やったことは裏切らない。できなかった時がなんだったんだろう、
と思える日が必ず来るんですよねえ、発音って。

私の絵は相変わらず“ド素人”ですけど、最近は気にしないことにしました(笑)

記事のリンクありがとうございました。とっても励みになります。^^
[ 2010/09/06 21:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatuontomo.blog93.fc2.com/tb.php/475-46838727