2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

ネイティブをめざす必要なし

「発音を習う」と聞くと、

ネイティブと変わらぬ発音とか、
私の英語レベルでは関係ない、とか
英語上級者の領域、

というようなことを連想する方も多いですが、

   100426-11

普通に英語を伸ばしたい人が、発音ネイティブまでを目指す必要はないです。

それに、ネイティブが聞いて、ネイティブだと思う発音は、そう簡単には
たどり着けません。時間も練習量も相当のものが必要ですし、英語力も
必要になってきます。

日本人なまりで、どんどんしゃべればいいと思います。

世界共通語である以上、各国のなまりがありますし日本人なまり大いに
結構だと私は思います。


ただ・・・
カタカナ発音は、「なまり」ではない・・。

「通じる英語」「使える英語」の観点からいうと、残念ながら世界の
「なまり」に到達できないレベルなのです。

カタカナでも構わず、どんどん喋ればいい、という主張を全否定する
気はないけれど、

でも、発音ができることの「恩恵」とできないことの「損」は、一般的に
あまり知られていないのが残念。

「恩恵」と「損」を分かった上で、やるかやらないかの判断は、個人の
自由だと思います。



いつもありがとうございます。
にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
関連記事
[ 2010/04/26 10:30 ] _発音の知識・誤解 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatuontomo.blog93.fc2.com/tb.php/416-670dc21b