2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

カタカナ英語はなまりではない

090127
曇ってます

以前勤めていた会社は、フランスの会社と関係があった。

フランス人はみな英語が上手かった。英語ができる人が、そこで働いて

いるというのもあるだろうが、話すスピードも速く流暢だし。

日本側からも、一応英語ができる人などが、ビジネスの場に

出てくるわけだが、明らかに差が感じられた。

なまりがあって聞きとりにくいと言う人や、ノンネイティブの

英語にケチをつける人とかいたが、そういう人に限って、

カタカナ英語だったりして、その人の英語の方がよっぽど聞きとりにくい。

(実際、なまりは最小限で、きれいな英語を話す人ばかりでした)


なまりとカタカナ英語を、同じ枠内でくくってはならない!

なまりがあっても通じるが、カタカナに変換してしまうと、

もはや通じるレベルではなくなってしまい、聞く側がストレスを感じて

もう聞く耳がなくなってしまう。


でも、大抵の方がその実感がなく、また今までの教育でも言われなかったので

「カタカナでも通じればいいんじゃないの」という意見に落ち着いてしまう・・・。

ああ、残念・・・。


日本人なまりのないネイティブのような発音になるには、

かなり難しいけれど、通じるレベルを身につけるのはそんなにかからない。

しかも、英語力向上につながる。

知らないだけ、トレーニングしていないだけ、そんな方がきっと

ものすご~く多いのだろう。


生徒様に教えていても、最初は口が固く、舌や口の動かし方もたどたどしいの

だけれど、トレーニングを続けるとすぐに慣れられるようで、

英語学習にくらべたらよっぽど早く上達がみえてきて嬉しくなります。


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へにほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へにほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ ←お好きなものをおひとつクリック
クリック1
いつもアクセスありがとうございます

★リンクを貼っていただいてる皆様
ブログタイトル変更中&お試し中です。
確定しましたら、またリンク変更をお願いすると思います。。。m(__)m
関連記事
[ 2009/01/27 09:49 ] _発音の知識・誤解 | TB(0) | CM(2)

うーーん、そうそう、とうなづきながら読みました。
オーストラリア英語はなまりがきつくて・・・
という日本人に限ってカタカナ英語なんですよね。(苦笑)
私も発音練習を始めた当時、音声に気をつけるだけで、
自分の英語が生まれ変わる奇跡を体験しています。
うだうだ言ってる暇があったら、トレーニングです。
[ 2009/01/30 12:22 ] [ 編集 ]

サンディさんへ
やはり英語が変わる体験されましたか。
私も、徐々に体験しつつあります。これからもっと自分の
英語力が変わっていくのが楽しみ、です。
[ 2009/01/30 21:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatuontomo.blog93.fc2.com/tb.php/242-880fb231