2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

発音インストラクターを目指しませんか③

いつもご訪問いただきましてありがとうございます。代表講師の近藤です。
  に引き続き、今回は、発音インストラクターの資質について、です。


発音が教えられるには、自身の発音が上手でなければいけないだろう、と誰しも想像がつくとは思いますが、

発音が上手、だから、指導もできる、ということにはなりません。

例えば、ネイティブは、発音を自然に身につけたので、普通は自分がどうやって発音しているかなんて考えたことないし、ましてや日本語の音との違い、発音の仕方の違いは分かりません。

ですから、やはり日本人に発音を教えるのは、苦労して発音を身につけた日本人の方が向いていると思います。
なぜ出来ないかの理由を分析して考える力があるし、カタカナ英語の環境で育った人の気持ちが分かるからです。


次に、発声というのは身体の一部のことなので、学習者は思うように動かせないものなのです。最初は時間がかかってしまう生徒も多いです。

テニスやエアロビやヨガや水泳などをする、と想像していただければ分かりやすいと思いますが、身体の動かし方(理屈)を習ったからすぐにできるようにはなりませんよね。実践練習が必要だということは誰しも感覚でわかると思います。

発音も同じようなものです。

ですから、指導する側も、スポーツインストラクターに必要な資質があった方がいい、と私はよく思います。

-口の動きや音を観察して瞬時に判断して、正す

-(動かしているつもり、無意識で舌が動いてしまう、とかいろいろあるので)コツ、気づきを与えて意識をそこに集中させる、指導

-理屈だけではなく、実践的な説明ができ、反復練習で定着させていく指導

-明るい雰囲気や、楽しく実践練習できるように、ひっぱっていける人

-辛抱強さ


と、いろいろと述べましたが、あくまでも望ましい資質であって、


やはり、結局のところ、

発音や英語が好き、

発音を教えたいという熱意がある、


かどうか、が一番根本だと思います。それさえあれば、指導技術や発音力はこれからいくらでも磨いていける可能性はありますから。



発音インストラクターにご興味のある方はお問い合わせください。ご相談だけでもOK。


にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ にほんブログ村 英語ブログ 英語情報へ
関連記事
[ 2016/11/24 16:53 ] _発音教室PLSのこと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatuontomo.blog93.fc2.com/tb.php/1610-e703d554