2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

英語学習者はカタカナを忘れましょう

ローフード

ハイ & ロー

ロースクール



ローフードは最近よく目にするようになった語のように思いますが、どれも普通に日本語感覚で使います。

こういう言葉をみると、

あ~、 そりゃ、英語の発音が分からなくなるよなあ・・・、と思います。

ご察しの通り、上記の「ロー」は全部違う英単語です。

raw food

high and low

law school



日本語の音で表そうと思ったら、確かに「ロー」しかありません。
まあ、表記の仕方で、ロウとも表すこともできますが。(話し言葉では、ロウとローはほとんど区別なく発音しますし)

日本語と英語の音はそもそも違うから、カタカナ英語になった時点で英語ではなくなることはまあ宿命のようなものです。

英語がどんどん入ってきて、アメリカが身近になるはずなのに、カタカナに置き換わるため、反対に発音が難しく感じてしまう、発音練習をする時にもカタカナがじゃまになってしまう、

というのは皮肉なことなのかも知れません。



ですから、カタカナ基準で考えていると、英語発音は分かりにくく混乱してくるので、

英語学習者は、

カタカナ英語(和製英語)と英語は、 全くの別物だと思いましょう!!


カタカナを考えず、全然知らない新しい音を聴く、真似する、という姿勢がいいと思います



にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ にほんブログ村 英語ブログ 英語情報へ
関連記事
[ 2016/11/17 22:10 ] _発音の知識・誤解 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatuontomo.blog93.fc2.com/tb.php/1609-01e13374