2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

配達はどこまで早くなるのか

160906.jpg
アマゾンの配達の早さには慣れてしまって、近頃はあまり驚かなくなりました。

とはいうものの、夜中(22時すぎ)に注文をだして、翌午前中(11時)に届くと!もう少しかかるかなと思っていたので、予想外の早さにやっぱりすごいなあと思います。

数十年前に比べて、はるかに生活は便利になったのはいいけれど、それに反するように現代人は忙しく過ぎて時間に追われています。

何をするにも時間がかからなくなったのだから、本来なら、昭和時代に比べると生活にゆとりがでてしかるべきはずなのに、そうではないのは、なんだかあと思うことがあります。

過労死問題とか、ね。
あと、デジタル化・機械化で人は考えなくなった、動かなくなった、直接のコミュニケーションが苦手になった、とかいろいろありますし。


仕事に必要な備品は、ある程度余裕をもって注文するので、そこまで早く届かなくても正直不自由はしません。ある程度便利になったら、それ以上は求めていくべきなのかなと、考えることがあります。

とはいうものの、時にはすぐ届くシステムに頼ることもあるし、アマゾンに限らず、迅速な対応を選んだりする自分もいるから、えらそうなことも言えないのですが、

なんでも行き過ぎない方がいいのではないかと思う。昔は昔でいいところがいっぱいあったし。バランスが大事なのではないかと。



関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatuontomo.blog93.fc2.com/tb.php/1565-e21f566c