2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

テストや受験が変わればいいのに、と思う

先日、高3の男子学生とお母様が体験レッスンにきてくださいました。

現在は読み書きが中心ですが、発音に興味があり、今後実践英語ではきっと必要、かつ大事になってくる、と思ってくれていて、でも、学校や塾などでは発音は教えてくれず、また学ぶ機会がないとのことでした。

発音練習には価値を感じてくださったようですが、大学受験が控えているため、先送りすることになりました。


近年、英語教育の見直しとか盛んに言われていますが、現状は
目先の試験や受験のための英語学習にならざるを得ない、こともまだまだ多いのだろうなぁ、と思います。

それなら、その受験内容が変わればいいのに、と思います。

読み書き中心の試験ではなく、話す・聞くの内容がもっともっと増えて、その中に発音関係の問題もからんでいたら、学生も必然的に取り組むでしょうし。

紙上で、同じ母音の単語を選べ、みたいなものではなく、

s とsh、  s とth 、v とb などの違いが認識・発音できていなかったら、別の単語に聞こえるので、点数はもらえません、みたいな。その方が実際に役立ちます。

私自身、学生時代は、中間テストや期末テストに出ることを学習してました。
受験も、長文読解や文法問題がカギだったから、必死でそればかりやりました。

その結果どうなったかは言うまでもありませんが、読めるけど、話せない、発音はカタカナだし、そしてそれが特にネックになるとはあまり感じていなかった、わけです。。


昔と今を比べると、英語教育も変わってきているとは思います。
学校でのいろいろな取り組みも新聞でよく取り上げられています。
と、このを記事をかいていたら、今朝の読売新聞にも

「小中高で討論型授業
英語 小5で教化に」
という見出しの記事がトップに出ていました。


期待をもって、自分にできることを、微々たる事かも知れませんが、していきたいです。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へにほんブログ村 英語ブログ 実用英語・使える英語へ




関連記事
[ 2016/08/02 15:25 ] _発音の知識・誤解 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する