2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

日本にいると、カタカナ英語が通用しないことを感じにくい?

先日、グループレッスン(2名)の生徒さんが基礎コースを修了され、音読コースに進まれました。

グループレッスンは本当に少ないので、私にとっても、とても印象深いレッスンでしたし、お互いの発音を参考にしたり、明るく楽しい雰囲気であったり、グループの良さがよく出ていたんですね。

おふたりとも、発音を学ぼうと思われたきっかけは、アメリカ滞在の機会が過去に何度もあったこと、です。


そうなんですよね。

生の英語に触れると、カタカナ英語では通用しないのを痛感します。実際、私がそうでしたから。
日本にいて、日本人の英語に慣れたネイティブや、カタカナ英語の授業といった環境に身をおいていると、


発音のことはあまり気にしない(気にならない)

発音の違いがそんなに、英語力向上に関係してくるとは思わない

のです。

本場の英語が身近にある方、
仕事で海外へ行かれる方、
英語を指導する立場にいらっしゃる方、
英語の仕事をしている方、


なども学んでくださっているのですが、やはり、『発音』の重要性を肌で感じているだと思います。



英語は発音だけではないかも知れません。
発音学習するかしないかは、個人が選択したらいいと思います。


でも、周りがカタカナなので、発音のことは全く気づかない、考えない、というのは、やっぱり問題だと思うので、発音のことを言い続けます。



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へにほんブログ村 英語ブログ 実用英語・使える英語へ

関連記事
[ 2016/05/24 09:15 ] _発音レッスン・指導に関すること | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する