2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07








最初が肝心、私の発音レッスンの仕方

いつもブログを見て頂きありがとうございます。代表講師の近藤です。

発音教室PLSでは、基礎コース:約24回を目安としたカリキュラムを構成しています。

ですが、前から順に形・出し方をただ皆一様に教えるだけではなく、私は、まずは、講師と同じように出せた、と最初の段階で多く経験してもらうことを大事にしています。その方の発音レベルも同時に見ていますので、ちょっと負荷がかかる程度に、出来具合を持っていきます

そのためには、講師が見本を示して、同じように発音してもらう再現練習を多く行ないますが、その場で、できない原因とアドバイスをフィードバックをして、練習を繰り返すと、できるようになることが多いです。


正しい音を聞いてもらい、
ご自身でも出してもらい、
意識的に音をよく聞き比べてもらう、
講師の口元の動きの視覚情報もいれる、

こういう、耳と目と口を使って、できた、という経験。これは大切だと思っています。

やはり、できると楽しいですし、続けよう、頑張ろうという動機になりますから。



ただ、レッスン内で発音できても、それが自力で常に安定して出せるようになるかは、練習量が関係してきて時間も必要です。これはある程度、長い目でみて、継続的な練習につなげていくしかありません。

でも、まず発音練習を続けようという気持ちを失ってほしくないので、最初の方はレッスンでは、特に色々と考えて指導している私です。




にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へにほんブログ村 英語ブログ 実用英語・使える英語へ

関連記事
[ 2016/02/18 12:00 ] 発音レッスンでのこと | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する