2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05








発音インストラクターを続けられる理由

こんにちは、代表講師の近藤です。

私がインストラクターになった理由はいくつかあって(以前もどこかで書いたと思いますが)、もともと英語に興味があったこと、発音矯正をして自分の発音が変わっていくことがうれしかったこと、その流れで英語の音がとても好きになったこと、などが挙げられます。


でも、続けられる理由は、やはり必要としてくれる人がいるから、生徒さんから直接、評価をもらえることかなー、と思います。

どんな職業でも同じだと思いますが、発音講師も大変さやしんどいこともいっぱいあります。

声を出すことがしんどく感じることも正直ありますし、喉と気管の負担もあります。練習してくれない人、なかなか上達しない人、声が小さい人、いろんな方がいて、教える以前に色々と苦労することもいっぱいあります。

レッスン量が増えると、今度は、今週はレッスンがぎっしりで、果たして自分の喉は持つだろうか、絶対に風邪はひいたらあかん!というプレッシャーや不安を抱えます。

正直、最初は全然お金になりませんでした(笑)
今だから言いますが、ひと月、一万円以下のこともありました(苦笑)
しかし仕事である以上、収入はもちろん大事です、収入が確保できなければ仕事は続けられません。
そうして、自分にできることをひとつひとつやりながら、自分の指導技術が向上し、生徒さんが少しずつ、ついてくれるようになって、徐々に収入も増えてきた、という感じでした。

だから、
発音を教えたいという気持ちが冷めずに続けているのは、折にふれ、生徒さんから感謝の言葉をいただいたり、生徒さんの上達を目の当たりにしたり、長くレッスンを続けて下さっている方が多かったり、そのようなことが大きな活力になっていることが断然大きいと思います!


先日も、基礎コースを修了されて、アンケートに、受講してよかったとの、たくさんご記入くださった生徒さんがいらっしゃいました。また、生徒さんからエネルギーをいただいたなーと思いました。




関連記事
[ 2015/12/07 16:36 ] 発音教室PLSのこと | TB(-) | CM(-)