2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

試験の戦略と割り切りも必要だなと感じるこの頃

英検1級の勉強には、引き続き、struggeしていますが、英検対策をしていて最近思うこと。

- 試験には、ある程度、戦略 が必要。

- あと、それなりの期間、集中して取り組むこと

- それと、割り切り


英語の知識・能力って限りないのだから、あれもこれもできるようになるということはある意味不可能に近い。

たくさん(ってそんなにたくさんできていないが)英検の過去問を解いているうちに、傾向が見えてくるようになりました。

リーディング問題とかだったら、ロジカルな流れをつかむ大切さとか、
あと、解答の根拠となる文は、大体このあたりに出てくるとか、

また、文章の核をつかむのに必要となるキーワードは、あえて難しい単語が使われているとか。

たいてい、「こんな単語知らんわ!この単語使ってくれたらわかったのに。。」と解答をみて思ったりするのです。

でも、裏を返せば、そういう箇所に答えがある、と予想がつく。

単語が分からなくても、とりあえず、そこに自分の中で、フラグを立てておきながら読み進めることができる。

また、前置きとか、スラスラ読める箇所は、あまり解答に関係ないことが多いので、さーーーと読んでいいとか。(でないと、時間が足りない)


リスニング問題でも似たようなところがあり、知らないイディオム表現がよく使われているのですが、そこがキーワードになることが多い。

その難しい単語やイディオムをじゃあ覚えればいい、という考えもできるけど、その量はけっこう膨大。

とすると、分からなくてもなんとか、前後から類推するとか、文構造がつかめれば、良い意見なのか悪い意見なのか、否定なのか肯定なのか、ある程度、つかむことは可能なんですよねえ。



"集中して行う時期が必要"、というのは、

生活の中において、試験対策の優先順位をあげないと、それ相応に必要な絶対時間って作れないと感じます。まあその分、生活の中で、なにか他の時間を削らないといけないということでもあります。


最後は、"割り切り"


語彙問題が、実は今一番苦戦しているところですが、本当になかなか覚えられない。でも、とにかく解答が導けれたらいいと割り切ることにしました。


とにかく4つの単語から、ひとつ選べたらいい。消去法でも構わない。

単語の意味が分からなくても、単語をみてぼんやりしたイメージでもわけば、解答できる場合も多々ありますからねえ。

その単語が自分で使えなくても、文章内でどのように使われるかの用法も、別に出来なくてもいいか、と。 

単語が自分のモノになるには、その前にまず、単語のもつイメージなんとなく分かるとか、医学関係の文章で見たことがあるとか、という段階を踏むわけですからね。完璧主義はやめました。





にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑お好きなのをひとつ。クリックうれしいです。
関連記事
[ 2015/04/03 12:00 ] _英検(実用英語検定) | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatuontomo.blog93.fc2.com/tb.php/1328-a5c37d31