2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

発声のための体づくりに目覚めた

喉の調子、、というか、気管支炎だったと思うのですが、声を使うと気管のあたりが疲れる、しんどい、ぜーぜーする、という状態がしつこく続いていたけれど、ようやく、レッスンが連続しても大丈夫!という自信が持てるようになりました。

結局、2ヶ月くらい不調が続いて長かったです。

それでも、耳鼻科の通院は続いているのですが・・。まだ完治はしていないってことか。

まあ喉を使う職業だということをしっかり自覚して、先生のいうことを素直に聞こう。。



発音インストラクターになりたての頃、"人間の体の中で、声帯が一番衰えにくいらしい。だから、仕事としては長く続けられますよ"、というような話を聞いて、

そうかー、じゃあ、年とってもずっと教えられるのか、なんて思いましたが、今思えば、そんな単純なことではないなぁ、と思います。今まで喉のトラブルがなかったので、安易に考えていたなぁ。

きちんと声が出せるということは、声帯はもちろん、喉の粘膜、気管、食道、肺とか、また鼻腔もクリアに通っている必要もあるだろうし、そういういろんな所が健全でなければいけないんですよねえ。

とつくづく思います。

発声のための丈夫な体をつくる、それを保つ。 しっかり自覚しなければいけません。



にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑お好きなのをひとつ。クリックうれしいです。
関連記事

2ヶ月は長かったですね。
お見舞い申し上げます。

人間、体が資本ですからね。
お大事になさって下さい。
[ 2014/07/16 14:24 ] [ 編集 ]

>サンディさんへ

コメントありがとうございます♪

本当に、体が資本です。

健康あってこそですよね。

といいながらはや夏バテ気味です^^;
[ 2014/07/17 13:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatuontomo.blog93.fc2.com/tb.php/1270-e953b1e3