2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05








喉にいいらしい「大根あめ」

喉の痛みの緩和に、今回、今までで初めて試してみたことがあるのですが、それは、

「大根あめ」

上記のワードで検索すると作り方がたくさん出てきますが、生姜湯などのような昔ながらの民間薬のようです。

"大根の持つ酵素(アミラーゼ・リパーゼ・プロテアーゼ)には消化を助けたり、のどの粘膜の炎症を鎮める作用が豊富に含まれている"、のだそうです。引用サイト

大根とはちみつ、だけでできるので簡単です。

140519-1.jpg
大根を1~2センチ角に切る。皮にも有効成分が多く含まれているので、私はよく洗って皮ごと切りました。

140519-2.jpg
はちみつを注ぎます。あまり甘くしたくなかったので、かなり少なめにいれたけれど、大根がややひたるくらい入れるみたいです。

数時間、冷蔵庫で寝かせておくと、大根から水分が出てきて、大根はすっかり漬かっています。大根はちょっとしわしわ。この少ないはちみつ量でも大丈夫でした。その液をスプーンですくって飲みます。液はさらっとしてます。
140519-3.jpg



味は"甘い大根"という感じで飲みやすいし、大根の辛味が喉にスーッとする感じがしました。

でも、今回の私の症状にはすぐに効いてきた感じはなかったのですが、風邪の喉の痛みとか、薬がいやな人には良いと思います。


ちなみに大根も食べました。これまた喉がスーッとしておいしかったです。(ほんとは食べないのかも?)





風邪の症状とか、喉が痛いというのはなくなったのですが、なぜか咳だけ収まりません。特に夜中になるとひどくなる・・・。

気道が炎症している、、のかも?
いろいろ調べていると、あてはまらなくもない。

呼吸器の専門内科へいこうか、検討中です。。。

にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑お好きなのをひとつ。クリックうれしいです。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatuontomo.blog93.fc2.com/tb.php/1256-f2ef437f