2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07








英語を話すには音読練習すべし

ちまたによくある広告。

英語を聞き流すだけで、突然英語が口をついて出てくるようになる、という類のもの。

お分かりだと思いますが、話す練習をしないとそう簡単に英語って出てきません。

で、話す練習の基本、となるもの。
やはり、音読練習です。で、その、さらに基本となるものに発音も含まれると思います。

かと言って、ネイティブのような発音でないと!とこだわる必要はありませんが、最低限、相手に伝わりやすい発音は抑えておきたいところです。


でも、発音ってどんどん上達していくと、声にだして音読したくなるのですよ。そうなると、好循環ですね。生徒さんからも、英語の勉強で音読するのが楽しくなりました、と聞かせていただくことがありますが、本当にうれしく思います。


私自身、発音の習得を境に、その前後の英語学習で一番変わったことは、音読・アウトプットすることでした。まあ私の場合は発音練習目的で、音読していることの方がはるかに多かったですが、それでも、英会話力につながったと実感することはありました。

何度も何度もアウトプットしている英語って、本当に口に出す時のハードルが低くなります。時には口についてふっとその表現が使えたこともあります。そういう時って、ひゃっほうな気分♪です。


だから、音読&発音、一般的にもっともっとすべきなのです。


にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑お好きなのをひとつ。クリックうれしいです。

英語学習もがんばっている生徒さん、応援しています。

関連記事
[ 2013/07/20 20:45 ] _英語学習・リスニング | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatuontomo.blog93.fc2.com/tb.php/1142-f357bef6