2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06








中国語も英語も、日本語とは全然違う発音を持つ言語なのに

今日、体験レッスンに来て下さった方は、

中国語が少ししゃべれるとのこと、で、中国語の勉強は発音から始めて、それで中国語会話を学ぶのに効果的だったようです。それで、英語も発音を本格的に学びたいと思われたようです。ですから、英語発音の大切さはあえてお伝えするまでもありません。


私も、もし中国語を勉強するなら、きっと発音から入ると思います。(予定はないけれど)


中国語は発音は難しいというのは結構有名で、それで、発音に意識がいくのに、

でも同じように、日本語とは全然違う発音を持つ英語なのに、英語の発音に対する日本人の意識が少ないのはなぜなのでしょうね。



きっと、へたに英語が入ってきて、当たり前に日本語英語が蔓延していて、カタカナ英語が普通の英語というか、それが通じない英語とは、特に考えたりしなくなっているから?でしょうか。



日本に居て、カタカナ英語に囲まれていると確かに気づきにくいですけどねえ。

にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑お好きなのをひとつ。クリックうれしいです。


関連記事
[ 2013/06/14 00:59 ] _発音の重要性 | TB(0) | CM(2)

日本に英語教育が導入された時、その目的は
コミュニケーション・ツールとしてではなく、
「学問」だった訳ですよね。
日本は先進国なのにそれが切り替わることなく、
亡霊のように延々と続いています。
21世紀になったのだから、このへんで
革命を起こさないといけないのですが・・・・
韓国に出来たのだから、日本にも出来る
はずです。

 
[ 2013/06/22 13:40 ] [ 編集 ]

>サンディさんへ コメントありがとうございます

本当に・・仰るとおりです。

改訂とか改善とか、生ぬるいものではなく、大改革があってしかるべきかも知れません。

時代は大きく変わっているのに。。。
[ 2013/06/24 09:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatuontomo.blog93.fc2.com/tb.php/1122-c4d3c7ab