2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

英語の歌の発音とノンネイティブの壁

最近、ジャズシンガーの方の英語の歌の発音をみさせていただく機会がありました。

もう既に高い発音力をお持ちで、おそらく普通の日本人が聴くときれいなネイティブのような発音と思うと思います。

けれど、より上を目指す高い意識をお持ちの方なので、CDをネイティブと一緒に聞いて厳しくチェックさせていただきフィードバックしました。


歌となると、普通に音読するのとは違い、あたりまえですが、メロディにのせて音にいろいろと変化がつくわけですから、発音をみるのは難しいのです。(そして私は歌のことがよく分からない!←つまり音痴

私が聞き取れないと思った所や、母音が違うと思った所が、ネイティブと意見が一致するところもありましたが、

自分では判断しかねることもありました。特に音の崩れ・脱落のところでしょうか。私が音が崩れすぎかなと思った所もネイティブの耳にはOK,歌としては問題ない、だったり、また、歌っているのがノン・ネイティブ(日本人)だと分かる、というポイントも教えてもらい、なるほどなーと思いました。

ノンネイティブの私にとって、ネイティブでないと分からない発音の壁というのは存在します。

日本語でもそうだと思いますが、
発音のほんのちょっとしたところで、日本人で地方の人なのか、外国人のなまりなのか、感覚で判断が瞬時につきますよね。理屈ではなく感覚に近いですよね。


でも、ノンネイティブにとって感覚をみにつけろ、といわれても難しいことで、ひとつひとつ確認したりして噛みくだいていくしかないのです。

今回の歌の発音をみることは、その壁にさわってみることができる良い機会で私にとっても勉強になりました。




にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑お好きなのをひとつ。クリックうれしいです。

関連記事

ラウドネスのリードヴォーカル二井原実さんは(大阪出身でっせ)、ラウドネスの全米デビューのため、現地で発音を習われたそうです。
物凄くご苦労されたようですよ。
ご自身のブログに回想記を書かれてます。
[ 2013/04/26 19:25 ] [ 編集 ]

>サンディさんへ

そうなんですね。
発音の苦労・・分かるだけに親近感ですー。


>ラウドネス
もうバンド覚えましたよー
サンディさんつながりで^^
[ 2013/04/27 10:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatuontomo.blog93.fc2.com/tb.php/1092-cfead3f3