2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07








教材CDになぜ日本語

英語教材のCDなどに、収録されている日本語訳ありますが、あれはどうして入れるんでしょうねえ。

私はそういう日本語訳が入っているのを出来るだけ避けますが、日本語訳の音声が入っている教材って結構多いと思います。

たぶんその方が売れるから?

恐らくニーズがあるから、多いのは間違いないと思うけど・・。

英語⇒訳⇒英語⇒訳 という順に入っているものが多いと聴きますが、そんなにすぐに日本語訳にたよってどうするんだ~~!って話です。

リスニングを鍛えるためには、英語の文構造、単語、発音、そういうことに耳を傾けて、まずは大意をとりましょう。それから細部をとっていきます。言っていることが"理解"できればいいのであって、日本語に直す必要なし。

分からない場合はあとから、本でスクリプトとか意味を確認する作業をしましょう。






個人的には、効果音とかもいらない・・
パートワン何々 という項目の読み上げもいらない・・

にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑お好きなのをひとつ。クリックうれしいです。
関連記事

大賛成

日本語ナレーターの人を雇う経費があるのなら、
その分、本の値段を下げればいいのにって
思います。
日本人は英語学習を日本語に頼り過ぎてます。
これじゃ、10年経っても韓国に追いつけそうに
ないですよ。

[ 2013/03/31 11:48 ] [ 編集 ]

>サンディさんへ

ほんと、おっしゃる通りです。


学生の時も、社会人になってからも、
日本語で考える英語から、長年変わらないままなのでしょうか・・・!?

販売側、教育側が変わらないのなら、学習者が変わっていかねばなりませんね。
[ 2013/04/01 09:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatuontomo.blog93.fc2.com/tb.php/1079-f73dbac4