2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07








骨密度の測定結果

週末、ジムで骨密度を測定してもらいました。

右足を裸足になって、機械に載せて測るだけで簡単でした。

"あなたは骨密度は○○歳です"、というように出るのではなく(そう想像してました)、同年齢の平均値に対する%で表示されるのです。

平均値と同じなら、100%

平均より上なら(つまり骨が強い)100%以上の数値で出て、

下なら、100%以下の数値で表せるというわけです。

自分の骨密度が良いとはまったく思ってなかったが、まあ平均くらいだろう・・・と思っていたので、下に出たので、結構ショックでした
(70%台が表示されている数値のところ・・)

130218.jpg



ここからは、インストラクターに教えもらった骨密度の話です。

骨が形成されるのは25歳までで、その後は、だれでも徐々に骨の強さは下降していきます。
ですから、25歳の時点で高い位置にいるほうがよくって、その後はいかにその下降線を緩やかにしていくか、だそうです。

女性は男性よりも、ホルモンバランスも影響するために下降幅は大きくなります。

骨を丈夫するには、よく言われるように、カルシウムとたんぱく質の摂取が必要で、それらの吸収を促すビタミンD, また骨の形成を促進するビタミンKが必要なんですって。

あとは、運動と日光浴

この3点セットで骨が強くなって、将来的に骨粗鬆症の防止になります。

日光浴って、20分程度でいいらしく、普通に外にでて日を浴びれば(朝日でも)OKみたいです。

運動は、ウォーキングや筋トレなど、骨に重力を加えるようなものです。骨は重力が加われれば、強く形成しようとするんですって。だから、例えば水泳ばかりしているひとは、数値が低くでる場合が多いと言ってました。


この数値は気にするよりは、運動や意識を変えるきっかけにしてください、とインストラクターのアドバイス通り、良いきっかけになりました。


にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑お好きなのをひとつ。クリックうれしいです。

関連記事

健康維持も科学ですね。
近所の老婦人の腰が曲がったことに最近気づきました。
私はそうならないようにと、カルシウムのサプリ摂取と
エクササイズでエイジレスを目指してます。
[ 2013/02/21 13:36 ] [ 編集 ]

>サンディさんへ

10年後、20年後の体は、今どのように健康づくりをするかで決まりますからねえ。私もがんばらなくては。体内から丈夫にしないと。v-91
[ 2013/02/22 21:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatuontomo.blog93.fc2.com/tb.php/1053-d0352793