2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

今年1冊目の洋書

まずは、シドニーシェルダンから読み

始めようと思っていた洋書(このブログにも書きましたが)ですが、急遽、

別の本に変更になり、読み終わりました。

   図書館にて偶然出合った本。
090305-3


090305-4
・・・ま、考えなくても、合わなければ返せばいいわけで。
というようないきさつの洋書でした。


090305-1090305-2
ダニエル・スティール 「Second Chance」

この作家を私は知らなかったのですが、興味がわき、洋書関係のブログなどを

見ていると、結構紹介されている作家で、読みやすい、平易な文章、

初心者にお勧めなど、の意見が多いのです。

その通りで、文章が素直というか、比較的易しい文体で書かれていると思います。

洋書を読んでいると、何を言おうとしているのか、理解できない文や段落に出会い

ますが、それがほとんどなく、単語も前後から予想できるので、たまに調べると

いう感じで読み進めることができました。


内容は、

ニューヨークのファション誌の編集長を務めるキャリアウーマンのFiona と

広告代理店に勤める男やもめ、Johnのロマンスです。

あまり好んでロマンスものを選ばない私ですが、割と楽しめました。ちょっと

先が読めてしまうところがありましたが・・・。「Second Chance」というタイトル

の意味は?と読み進めているところもあったからかな。


この Danielle Steel(ダニエル・スティール)という女性作家は、ロマンス作品で

有名で、作品も多く(60冊以上くらいかな。ベストセラーも多い)、半分くらいは

翻訳されているようですが、この作品は残念ながら翻訳本は出版されていないよう

ですね。読み終えるといつも、どんな風に日本語に訳されているのだろう、と

翻訳本を探してしまいます。

機会があれば、別の、特に有名な作品を読んでみたいなと思いました。

私にとって、新たな作家が増えました。

知らなかったことを知るってなんだかいいですね。


のろのろですが、リスニング力につながると信じて、進んでいこうと思います。

にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へにほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ ←お好きなものをひとつクリックお願いします。090303-4
いつも、アクセスいただきありがとうございます。
鼻の調子はなぜか、急に良くなってきました。コメントくださった方々、
ありがとうございます。
関連記事
[ 2009/03/05 22:59 ] _洋書や映画 | TB(0) | CM(2)

今年1冊目の読了おめでとうございま〜す!
ますは最初の1冊ですよね。
お忙しいと中々読書がはかどらないでしょう。
スティールの作品の中で私が好きなのは、「Granny Dan」です。
機会があったら、ぜひお読み下さい。
[ 2009/03/09 10:31 ] [ 編集 ]

サンディさんへ
コメントありがとうございます!
ほんと、まずは1冊です。このまま加速がつけばいいなー。

> スティールの作品の中で私が好きなのは、「Granny Dan」です。
そうなんですね。(ちょっと先になるかも知れませんが)ぜひ読んでみます^^
図書館をチェックしてみると、ありましたし。情報、ありがとうございま〜す。
[ 2009/03/09 20:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatuontomo.blog93.fc2.com/tb.php/100-b5041d3a