2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06








r、 r系母音でよくある音がこもらない理由(その2)

前回、rを発音する際(に限らず英語は舌がよく動きますが)、舌全体が動いているかの確認方法を書きました。

で、まあ理屈としては、
舌と天井のすきまを狭くし、
そこに薄い狭い空間を作ることによって、rの音はこもった音が出るのです。


ですが、これでもまだこもった音が出せない場合が時々あります。

それは、「声」がその狭い空間に入っていないからです。

声が入っていない・・・??

と思われるかもしれませんね。


「声」というのは、声帯を振動させることによって音になりますよね。

声帯で作られた振動は、いろんな方向に広げることができるわけです。

喉あたりで響くような音、

口からまっすぐ外に広がるような声、

鼻にかけたような甘え声、

なんとなく想像できると思います。


ですから、Rのこもった音を出すために口内にそのための空間を作った後は、そこに声が集まるようにします。

難しく考えないで、
そんなに大きな声を出さなくてもいいので、

天井にぶつけるように、
イメージとして斜め上方向に発声するようにしてみるといいです。








にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ にほんブログ村 英語ブログ 英語情報へ

関連記事
[ 2017/05/16 22:45 ] 発音の解説・知識 | TB(0) | CM(0)