2010 051234567891011121314151617181920212223242526272829302010 07








発音の基礎力は絶対必要で誰でもつけられる

英語の基本となるものは、
「語彙力」「文法」「発音」というが、私も本当にそうだと思う。

まあ、それがとても大事だと思うのに長い道のりを経たが。

特に「発音」が・・・。

(その話はさておき)

その3つの土台を作りながら、読解や音読や、リスニングやアウトプットの練習や、

いろんなトレーニングを状況に応じて行いながら、総合力が上がっていくのだと思います。


いきなり、レベル10までの語彙を覚えてから、さあ、次の英語学習に
とりかかろう、と思う人なんていないし、

分厚い文法書を完全にマスターしてから、他の学習をする、
なんていう人もいませんよね。

英語力のアップに従って、それらの難易度をあげていくはずですよね。


同じように、発音もそうあるべきで、最初からネイティブの発音を目指すのは
極端じゃないだろうか。

でも、そう言えば、宣伝効果があるのか、何ヶ月でネイティブ並みの
発音が身につくというのをよくききますが。

もちろん目指すことは不可能だとは思わないし、高い目標を持って
頑張るのもオッケー。でも相応の英語力は必要です。


「発音を全くやらない」、と、「ネイティブレベルを目指す」と

そういう両極端の話が多すぎて、もう!と思う。


それよりも、最初に発音の基礎力をしっかりとつける事が
一般的に、当たり前に、なるべきなのです。

基礎力をもっておけば、英語力向上とともに、発音レベルも
上げていけるはずなのです。

他の英語の要素と同じように。


にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ←いつもありがとうございます^^
関連記事
[ 2010/06/28 21:43 ] _発音の重要性 | TB(0) | CM(0)