2008 101234567891011121314151617181920212223242526272829302008 12








「シー」で通用した英語学校

はるかはるか昔、

イギリス留学へ行く前のことなのだが、

通訳、翻訳者養成スクールへ通っていた時の話。


当時は英語力も乏しく、本コースに入る手前のコースに

長く在籍していた。

通訳者養成校らしく、授業内容も厳しく宿題もたっぷり出た。


練習法も、音読とかシャドーイングとかリプロダクションとか

いろいろ声にだす授業内容も多かった。


けれども発音を指摘された記憶が全くない。

今はそれが不思議で仕方がない。


当時は、絶対に

see も she も「シー」と発音していた自信がある。
(どんな自信や…)

(とすると、他の音もどんな発音だったか想像にたやすい)


英語はたくさんたくさん直され、テストとかもすごく厳しかったが、

発音はタームの終りに評価シートの隅にちょこっと

書かれていた程度だった。


そんなひどい発音だったのに、なぜ何も言われなかったのか

とすごく疑問に思う。


今の私だったら、もし英語を使う仕事を目指している人が

いて「シー」とか言っていたら、助言すると思う。

その人のこれからの英語人生のために。




今もその学校は変わらないのだろうか・・・。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
クリック1
関連記事
[ 2008/11/29 23:42 ] _英語学習・リスニング | TB(0) | CM(0)