2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

r、 r系母音でよくある音がこもらない理由(その2)

前回、rを発音する際(に限らず英語は舌がよく動きますが)、舌全体が動いているかの確認方法を書きました。

で、まあ理屈としては、
舌と天井のすきまを狭くし、
そこに薄い狭い空間を作ることによって、rの音はこもった音が出るのです。


ですが、これでもまだこもった音が出せない場合が時々あります。

それは、「声」がその狭い空間に入っていないからです。

声が入っていない・・・??

と思われるかもしれませんね。


「声」というのは、声帯を振動させることによって音になりますよね。

声帯で作られた振動は、いろんな方向に広げることができるわけです。

喉あたりで響くような音、

口からまっすぐ外に広がるような声、

鼻にかけたような甘え声、

なんとなく想像できると思います。


ですから、Rのこもった音を出すために口内にそのための空間を作った後は、そこに声が集まるようにします。

難しく考えないで、
そんなに大きな声を出さなくてもいいので、

天井にぶつけるように、
イメージとして斜め上方向に発声するようにしてみるといいです。








にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ にほんブログ村 英語ブログ 英語情報へ

[ 2017/05/16 22:45 ] _発音の知識・誤解 | TB(0) | CM(0)

r、 r系母音でよくある音がこもらない理由

Rの音がうまく出せない方、こもった音が出せない方多いかも知れませんが、

よくあるのは、

・ とにかく舌があんまり動いていない
・ 舌と天井とのすきまが広い、    ということです。

英語発音に慣れてないと、舌を上げているつもりでも上がっていないものなのです。対面で指導していれば、その場でいろいろアドバイス・指摘もできるのですが。


自分一人で確認する方法として、

声を出さなくていいので、「舌先」だけで、口の天井(やや前方あたり)をチョンと触ってください。

はい、みなさんできると思います。

こういう風に、舌を上げているつもりでも、舌「先」だけしか動いていない場合がよくあります。


本当は舌を全体的に動かして欲しく、そういう動きができると音はよくこもります。



では確認する方法として、

今度も声を出さなくてもいいので、先ほど天井につけていたのは舌先だけだったのを、舌の表面全体を天井にぺったりつけてみてください。

もちろん舌の付け根からぜんぶは物理的に無理なのですが、それでもかなりの面積がくっつけられるはずです。

ではさらにその状態で、口をあけてみましょう。

なんとなく口が開きづらいはずです。

口がそこそこ開く方は、舌を動かす首の付け根にある筋肉が動いており、舌が割と柔軟に動く方です。

そうでない方は、舌があまり動いていないといっていいでしょう。

RやR系母音を発音するときには、天井とのすきまがわずかになるくらい「舌全体」をあげるようにすると、こもった音が出ます。



お試しあれ。


にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ にほんブログ村 英語ブログ 英語情報へ

[ 2017/05/12 23:04 ] _発音の知識・誤解 | TB(0) | CM(0)

超初心者は発音練習をほどよく取り入れよう

学生の頃は英語は苦手、大嫌いだった、文法も全然覚えていないし、語彙力もないので超英語初心者、という方の場合、

それでもやはり発音は早めにしておいた方がいいと思います。


たいてい、超初心者です!と自覚している方は、

「発音なんて、まだまだ先のことです」

と後回しにしてしまうパターンが多いのが残念なのですが。

それはさておき、発音も大事だと気付いた初心者の方の場合、発音練習はしてほしいけれど、まずは重要なところだけ、でいいと思うんですね。

当教室では、発音基礎コースを設けていますが、それより短くして、特に特に大事なところだけを抽出したショートコースのような感じです。

そういうカスタマイズレッスンも行っています。

初心者の方が、発音が大事だといって、がっつりしっかりとやると、続く場合はいいのですが、他の英語学習に移れないうちにモチベーションが下がったり、息切れがしまったり、してしまうかも・・・という心配が私にはあるからです。
実際そうなってしまう場合もみてきました。


何事も、バランスが大事ですね。

自分の状況を客観視して、その時に最適だと思う方法、時間配分を考えいくことです。

発音に関しては、弊教室は専門なので、分からないことは相談にのります^^




170404.jpg
まだ3分咲きくらい。



にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ にほんブログ村 英語ブログ 英語情報へ
[ 2017/04/04 18:17 ] _発音の知識・誤解 | TB(0) | CM(0)

スペルを覚えるより発音

最近、言語学者の偉い先生のオンライン講義を聞いていて、

「スペルなんて覚えなくていい、大体でいい。それよりも発音」とおっしゃっていました。

そうか!やっぱりそうなんやーー、と 共感でした。


学生の頃からの習慣というかくせで、なんとなくスペルは正しく書きたい、という気持ちがあるけれど、
別に少々間違っても、今の時代、コンピューターが教えてくれるし、直してくれますしねえ。

学生の頃を振り返ってみると、ほんと、スペルを一生懸命覚えていました。

漢字を覚えるように。


日本人として、漢字は書けた方がいいと思うけど、
英語学習者としては、スペルは漢字と同等の感覚ではない、と思います。音の学習の方がやっぱり大事。


受験の縛りがないなら、英語は音から入る方が効率がいいし、断然楽しいですよね。


私は大学時代のフランス語の授業は、全然楽しくなく、興味も持てなかったのですが、
今は、何か英語以外の言語を基礎レベルでいいんで、学んでみたいなーと思う。



にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ にほんブログ村 英語ブログ 英語情報へ
[ 2017/02/23 20:31 ] _発音の知識・誤解 | TB(0) | CM(0)

リスニング力のためには発音とディクテーション

私は発音を専門に教えていますし、
話す・聞くの技能向上には発音が不可欠だと思っていますが、

もちろん発音だけでいい、とは思っていません。

語彙増強や文法理解など、必要なことはいろいろありますが、

聞き取れない、という方には、ぜひ取り組んでほしいことは、ディクテーションです。

文字を見ずに、音だけを頼りに書き取る、というものですが、リスニング向上のためには絶対お勧めのトレーニングです。

何度も何度も聞いて、書き取って、となるとそれなりに時間もかかりますし、
全然とれなかったら、へこんだりもするのですが、

やる価値はあります。

何が原因で聞き取れないのか、ということがすごく浮き彫りになります。


今まで発音に関しての啓蒙ばかりでしたが、
いつか発音トレにディクテーションを加えたような指導もできないかなあ、ということを考えています。



英語に対する悩みで一番多いのは、「聞き取れない」なんですよねえ。



にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ にほんブログ村 英語ブログ 英語情報へ
[ 2017/02/21 22:45 ] _発音の知識・誤解 | TB(0) | CM(0)

発音練習は100回200回レベルで

今日は久しぶりの生徒さんとお会いしました。

発音レッスンは、かなり前に卒業されて、それからは英語力向上に励んでいる方なのですが、久しぶりに発音チェックをさせていただきました。

発音はもう安心して聞いていられ、正確で安定しています。
身体に正しい音が定着している状態です。

その方は、発音指導していた当時から、とてもまじめで熱心で、反復練習をすごくこなしてくれましたし、英語学習の方へ移行されてからも、発音は気を付けて取り組んでくださるだろうと思っていました。その成果がとても感じられ嬉しい気持ちでした。



発音指導をしていて、よく言うのは、「再現力はあるので、あとは自力でいかに安定して発音できるかが次の課題です」 ということです。

今まで出せなかった音は、きちんと指導をうけて練習してくだされば、出せるようになります。

その次は、定着させる、ことなんですが、これはもうご自身が頑張っていただくしかありません。
自発的な練習しかないんですね。
(まあ、もちろん練習、練習、とはっぱをかけますが^^)

その回数は、もちろん多い方がいいです。
100回200回レベルです。

私もそのくらいは、発音を学んでいる時にはしました。
自己学習でも、やりました。何回読んだか忘れるので、エクセルで表をつくって、マス目を塗りつぶして、ということもしたことがあります。


100回も~!!と思われるかも知れませんが、一気にこなさなくてもいいのです。積み重ねていけばいいんです。


音読練習、発音練習、やればやっただけ、身体が吸収していきます。




にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ にほんブログ村 英語ブログ 英語情報へ
[ 2017/02/13 11:58 ] _発音の知識・誤解 | TB(0) | CM(0)

伝わる発音で音読練習しよう

英語力を上げるためには音読練習が大事、と、よく言われます。

ある生徒さんは、英会話を習っていて、自己音読練習をすることを勧められたらしいですが、自己流で読んでいても、果たして発音が合っているのか分からない。

もし、通じないような発音で音読練習していたら、効果がものすごく薄れるのではないか、と感じられたそうです。

その気づきって、

その通りだと思いますが、

そういう風に、疑問をもって、気づけるということは素晴らしいことですね。


どんなことでも、周りの情報をただ鵜呑みにするのではなく、自ら情報を集めて、自分で考えられる力をつけるということは、今の時代、特に必要になってくるのでしょうね。


音読トレーニングを、発音の面で考えてみましたが、別に発音だけではないと思います。

ただ、やみくもに音読するのではなく、部分的にでも暗記するくらい読み込むとか、

文法の構文を意識して一緒に覚える、とか、

やり方は様々に考えられると思います。

同じ時間を使っても、工夫次第で効果は変わります。




にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ にほんブログ村 英語ブログ 英語情報へ
[ 2017/02/04 22:54 ] _発音の知識・誤解 | TB(0) | CM(0)

発音指導で反応が大きい方

英語力がある方へ、発音指導をすると、反応が大きいことがよくあります。

発音だけを学ぶ機会がなくて、なんとなく感覚的に音をとらえていたりカタカナ英語だったりする、方の場合は特に。

単語もたくさん知っていて、英文も読める、など英語知識があるので、

「そうかーー、こういう発音の違いだったのか!」

とか、

「全然違う発音をしていたーー!」

とか、

「なんとなくつかみづらい発音だったけれど、こういう音だったのですねー」

などなど、発見や気づきが大きいんですね

私もどちらかとそういうパターンでした。
だから、余計に発音がおもしろかったのかも知れません。

そして、発音にふかーーく関わっていくことになりました。



英語力があって、発音が追いついていない方をみると、ほんとにもったいなあと思います。
発音力も他の英語技能と同じくらい高められるはず。


そうしたら、英語はもっと楽しくなるかもしれません。



にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ にほんブログ村 英語ブログ 英語情報へ
[ 2016/12/21 21:12 ] _発音の知識・誤解 | TB(0) | CM(0)

③子音はとにかく強く発音!

カタカナ発音を英語らしくするために、練習すれば比較的早く良くなる3つ目は、

子音を強く発音する、です。

英語は子音が強く聞こえる言語なのです。

一方日本語は母音をはっきり発音しています。
私たちの子音の音は英語のそれと比べるとかなーり弱く、ネイティブスピーカーは聞きづらく、母音ばかりが強調して聞こえるのだそうです。

ですから、日本語の心地よさに慣れていると、子音を強くすることはなんか大げさだなーー、誇張しすぎでは、という気持ちになると思いますが、発音練習する時には、そういう違和感がないとまだまだ弱い、と思って間違いないです。

大げさかな~という程度で子音を強める練習をしましょう。



まとめますと、

独学でも、少し意識して発音練習すれば、すぐに発音改善ができるポイントは、

語尾に余計な母音をつけない

子音が連続している場合、間に母音をはさまない

③子音を強く発音する


です!



にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ にほんブログ村 英語ブログ 英語情報へ
[ 2016/12/15 22:19 ] _発音の知識・誤解 | TB(0) | CM(2)

②子音が連続する場合、母音をはさまないように

同カテゴリーでの前回、

語尾に余計な母音をつけてしまう、のはカタカナ英語の影響で、
ちょっと意識して発音練習すればすぐによくなる
、という話をしましたが、

今回は、語中にうっかりつけてしまう母音のことです。

語中に不要な母音をつけてしまう場合は、たいてい英語では子音が連続している単語です。

例えば、

  clean    ×culean

 trick    ×torick

 flat     ×fulat


これもやはり、子音と母音がセットで、一文字を形成する日本語の影響です。

余計な母音をつけてしまうことで、音節も増えてしまいます。

3つとも一音節の英単語なのですが、 カタカナ読みだと1音節には絶対収まりきらず、

flat などは、語尾にも母音をつけてしまうので、 フ ラッ ト  と3音節になりかねません。


さて、子音連続音が安定して出せるようになるには、語尾に余計な母音をつけないようにする場合よりは、練習が必要です。

子音だけを出すことに慣れていないので、最初は、口がもごもご、スムーズにいえない場合が多いのです。


でもこれも発音練習を継続していただくと生徒さん皆変わります。

基礎コース中にはかなり安定するようになるんです。


ですので、ちょっと練習が必要ですが、ぐっと英語らしくなる子音連続音。
発音練習をする際には、ぜひ意識して取り組んでみてください。




にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ にほんブログ村 英語ブログ 英語情報へ
[ 2016/12/13 08:39 ] _発音の知識・誤解 | TB(0) | CM(0)

①語尾に母音をつけているかいないかで発音への意識がわかる?


カタカナで英語を発音すると、まず一番目立ってしまうのは、語尾に余計な母音をつけてしまうことです。

stand を stando

speak を speaku

meet  を meeto

stan ではなく、d でとめましょう。 だって、スペルは d で終わっているのですから。


発音レッスンをスタートしたばかりだと、このようにうっかり母音をつけてしまう方はいらっしゃいますが、これはちょっと指導すれば、練習すれば、すぐに直ります。数回のレッスンのうちに、うっかり母音をつけてしまう人はほぼいなくなります。

だから、このあたりの発音矯正は、意識の問題なんです。注意深く練習すれば、独学でもすぐにできることです。

なので、英語の先生とかが、母音をつけて音読していたら、これはもう問題だと思うのです。

発音に対する意識が全然ない、ってことかも。




そんな先生に習わないように


にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ にほんブログ村 英語ブログ 英語情報へ
[ 2016/12/05 21:55 ] _発音の知識・誤解 | TB(0) | CM(0)

英語学習者はカタカナを忘れましょう

ローフード

ハイ & ロー

ロースクール



ローフードは最近よく目にするようになった語のように思いますが、どれも普通に日本語感覚で使います。

こういう言葉をみると、

あ~、 そりゃ、英語の発音が分からなくなるよなあ・・・、と思います。

ご察しの通り、上記の「ロー」は全部違う英単語です。

raw food

high and low

law school



日本語の音で表そうと思ったら、確かに「ロー」しかありません。
まあ、表記の仕方で、ロウとも表すこともできますが。(話し言葉では、ロウとローはほとんど区別なく発音しますし)

日本語と英語の音はそもそも違うから、カタカナ英語になった時点で英語ではなくなることはまあ宿命のようなものです。

英語がどんどん入ってきて、アメリカが身近になるはずなのに、カタカナに置き換わるため、反対に発音が難しく感じてしまう、発音練習をする時にもカタカナがじゃまになってしまう、

というのは皮肉なことなのかも知れません。



ですから、カタカナ基準で考えていると、英語発音は分かりにくく混乱してくるので、

英語学習者は、

カタカナ英語(和製英語)と英語は、 全くの別物だと思いましょう!!


カタカナを考えず、全然知らない新しい音を聴く、真似する、という姿勢がいいと思います



にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ にほんブログ村 英語ブログ 英語情報へ
[ 2016/11/17 22:10 ] _発音の知識・誤解 | TB(0) | CM(0)

最低限これだけは身につけよう、超必須子音 厳選10個

前回に続き、今度は「子音」を、優先度や難度の観点から見る、というのを提案してみたいと思います。

英語の子音の数は24個です。大体共通の見解のようです。

やはりそれなりに数はありますから、ひとつひとつ同じ時間をかけて順番に練習するのもいいかも知れませんが、重要度や、日本人にとって言いにくい、易しい、 という子音があるので、それをまとめました。

独学などでは、そういうことが分かったほうが、学ぶ上で合理的だと思います。

指導を受ける場合も、例えば b 、とか d とか、比較的容易にだせる子音も、難しく重要な子音と同じだけ時間をかけて教えられる、というのは、非効率だと思うのです。

▼誤解されないための、超必須子音 厳選10個
siin-hyou1_blog.png


英語の発音、となると、f, v では下唇をかむ、とか、r  や l が難しいとか、よく挙げられるので、気をつける分、英語が出来る人は、まだカタカナになっていないことも多いです。
でも、指導経験上、英語中級者以上、英語を教えている人などでも、意外に区別ができておらず、発音できていないのは、以下の子音です。
c01s c05s
c02s c06s



▼日本人が出しやすい子音
siin-hyou2_blog.png

▼通じないことは少ない子音
siin-hyou3_blog.png


上記の内容をHPでまとめていますので、こちらもご参考ください。
(※画像の切り替えはJavascriptを使っています。お使いのブラウザの、Javascriptがオフの設定になっていると動作しませんので、設定をご確認ください)




にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ にほんブログ村 英語ブログ 英語情報へ
[ 2016/09/30 18:25 ] _発音の知識・誤解 | TB(0) | CM(0)

シンプルに考えると母音は15個だけ

英語の母音をいくつと数えるか、には色々と考え方があって統一されていないようです。

私は、母音を24個と数えて、一覧表を作成しています。

数え方として多い方だと思います。 多くした理由は、ある母音が発音できても、ある母音とある母音をつなげたようなものは、多くの人が最初はスムーズに発音できなかったりするからです。

例えば、v01s と 110422-1 をそれぞれ単音で発音できても、
110426-1がスムーズに言えない、場合はよくあります。

だから、色々な母音をたくさん発音練習をしておいた方がいいと思って、一番多い数で、母音一覧をまとめたのです。


とはいうものの、24個だと、

わーそんなにあるのかー、覚えられない、大変、と感じる人もいると思います。

だって、日本語の母音は、たったの5つですから、ね。

なので、もっとシンプルに考える方法も提案してみたいと思います。

最小限で考えると、母音は、「15個」です。

では、残りの9個はどうなるかというと、その15個のうちの、どれかとどれかをくっつけたような母音や、強いか弱いかの違いで同じ音、などです。

なので、15個はコアになる母音、とでも考えてください。

15個と考えると、まだなんとか覚えられそう、やればできそう、 という気がしませんか!^^

時間が限られている、どこから取り組んでいいか分からない、という人は、まず母音は15個ととらえてもいいかもしれません。

上記のことを、一目瞭然でわかりやすいようにしたいと思い、HPの方で、一覧表と解説画像を作ってみました。
以下はその一部です。

▼発音記号一覧表:母音
boin-hyou.png

▼コアの母音はこの15個だけ


▼それ以外の母音のうち、7つは、コア母音の組合せと考えよう
boin-hyou2.png


当教室のサイト内で、より詳細をまとめていますので、こちらもご参考にしてください。
(※画像の切り替えはJavascriptを使っています。お使いのブラウザがJavascriptがオフの設定になっていると動作しませんので、設定をご確認ください。)
 ’ですが、iOS でうまく動作していません。 調査中ですのでしばらくお待ちください。。 修正しました)



にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ にほんブログ村 英語ブログ 英語情報へ
[ 2016/09/28 22:30 ] _発音の知識・誤解 | TB(0) | CM(0)

読み書き英語力と発音力のギャップが大きい

読み書き英語力と発音力のギャップが大きい人は、結構多いのではないかと思います。

読んだり書いたりは高いレベルでできるのに、音に関してはほとんどしてこなかった、という場合です。

必要とする英語が、読む・書くだけだったら、まあそれでもいいかも知れません。

でも、
会話などの、聞く・話す技能が急に問われるようになったり、
仕事でどうしても必要になったり、

すると、そのギャップにはやっぱり愕然としてしまうのではないでしょうか。

こういうことが起きる原因は、やはり受けてきた教育とか、まあいろいろ要因はあると思いますが、でも!必要になってから発音を始めたって、遅すぎることはありません。

そりゃ、早い段階で発音に取り組んだ人の方が、吸収スピードはよいとは思いますが、何歳になっても、発音は絶対変わると、指導経験上、私は思っています。


当教室で、英語力が高い方も少なからず、発音練習に取り組んでいらっしゃいますよ。

発音の上達のコツというか、一番大事なのは、

カタカナではこう言うとか、
今までの英語経験のプライドとか、
周りから"今さら発音?"といわれたりとか、

そういった様々な雑念を忘れて、音に関しては、真っ白になって、素直に、新しい音を吸収しようと思って取り組むことです。

年を重ねるごとに、やはりどうしても、

カタカナ英語の影響が大きくなりすぎていたり、
間違った音が強固に定着してしまっていたり、
いろいろと思い込んでいたり、するものですから。

それらにどう対処していくかという意識も大切なのではないかと思うわけです。




にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ にほんブログ村 英語ブログ 英語情報へ
[ 2016/09/21 21:38 ] _発音の知識・誤解 | TB(0) | CM(0)