2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

時間管理について:最適な時間帯はいつかを考える

一日のうちに、様々なタスクをこなす上で、どの時間帯に行うのがいちばんはかどるか?ということを意識的に考えるようにしています。

私みたいに、レッスン時間は必ず固定となりますが、それ以外は、自分で時間調整ができるので、自由といえば聞こえがいいですが、反対に、自分次第なために、いくらでも時間を無駄にしてしまう可能性があります。

で、いろいろと試行錯誤しながら、やはり頭を使うことは午前中、身体を動かせばいいことは夕方とか、自分の生活と性格に適した最適な時間帯を探しています。

例えば、一日にこなさければいけない家事とか、早めに済ませてしまう方が、後から気分的にらくな気持ちになれるので、空いていれば午前中にがーっと一気にやってしまう傾向にあったのですが、じゃあ、夕方とか夜に頭を使うことをしようと思っても、疲れていて集中できないんですねえ。

家事は済んだかも知れないけれど、他のしようと思っていたことは結局できないまま・・。そんなことは何度もありました・・。

夕方は、スーパーに行くのは苦手ですが、掃除とか洗濯とか考えずに体だけ動かせばいいので、できるだけそうするようにしています。

ブログを書くのも、長い間書いてきて、やはり午前中が私には向いています。

現在、金曜日は、更新日と決めているのですが、昨日は忙しく、後回しにしてしまっていたら、やっぱり結局書けず、今日の土曜日の午前中、レッスンの合間に書いているという次第・・。


と、まあこんな風に、すぐに、無駄に時間を過ごしてしまう私なので、

とにかく最適な時間帯に、絶対する!と決めておくと、夜に時間があるから・・・と後回しにすることが減りました。

今、これ、やっとかないと、未来の自分は絶対にしない!って、わかっているので(苦笑)



にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑お好きなのをひとつ。クリックうれしいです。
[ 2015/03/28 09:05 ] _時間管理、片付け、整理収納 | TB(0) | CM(-)

時間管理について:感情系の思考を出さずに行動する

話は、前回の記事から何となく続いています。まとまりがなくてすみません。

今日は、"やる気"に頼らない話です。

いろいろと、時間管理の本を読んだりして勉強していて、なるほどなー、と思って、最近実践していることは、とにかく、やる気をあてにしない、ってことです。

学習を例にあげると、計画をたてて、この時間にこれをする、と決めても、その時間になると、

「あー、やる気がでないから今日はやめようか」

「めんどうだなあ」

「今日はちょっと疲れてるしなー」

「この後たくさんすることがあって忙しいしなー」

と、いろんな言い訳を考えたり、ネガティブな感情が出てきたりするということは、きっと誰もが経験したことあるのではないでしょうか。

私も本当にそうです。特に自分は考えすぎるくせがあると思う。


脳って、隙あらば休もうとする基本的に怠け者なのだそう。
で、感情系の中枢って、大脳辺縁系というところらしい。(参考図書:『脳が冴える15の習慣』)


大脳辺縁系だけを働かせない、ていうのは意識的にできることではないけれど、要は、考えない、意識的に感情を動かさない、というイメージを持つのにいいかなと思いました。



で、これも、年始から実践してみています。

考えない、手足を動かして、とにかく過去の自分がきめたことに素直に淡々と行動するだけ。

こんな風に集中してみたところ、今までに比べると気持ちもラクに、はるかに行動に移せるようになりました。


学習もそうなんですが、加圧トレーニングもこれで今の所乗り切っています。

予約の日がきたら、考えないで、とにかく行く。

もし雨が降っていたら、かさをさす。 少し早めに家をでる、とは考えるけれど、雨に濡れるのいやだなあ、寒いしなあーということは、意識的に考えないのです。




あ、余裕も持たせるようにしています。
どうしても体調が悪いとか、寝不足で疲労がたまっている、という場合は、学習でもなんでも、休めるものは潔く割り切って休みます。

次回もこの話続くかも。


にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑お好きなのをひとつ。クリックうれしいです。
[ 2015/03/13 10:42 ] _時間管理、片付け、整理収納 | TB(0) | CM(-)

時間管理について:英語の勉強のこと

今年は、「時間管理」に特に力を注いでいます。

英語の勉強時間の確保って、難しいなあと、いつも課題なのですが、自己学習について、ちょっと変えたことがあります。

一日、1時間とか2時間とかしようと思っても、結局、2時間も机に向かう時間なんてないんですよねえ。集中力もやる気も続かないし、(あ、あれしなきゃ、これしなきゃ、)とか、頭の中に、to do リストが浮かんでくるし・・。

そして平日に思うように勉強ができなかったので、その分、週末にまとめてやろう、と考えたりするのですが、これもまずできませんでした・・。

休日は、それはそれですることはたくさんあって、2~3時間をまとめて確保なんて不可能にちかい。


で、もうそういう方法はやめにして、日々のどこかに、30分と決めて、時間をとることにしました。

30分と決めているけれど、それがもし15分となったとしても、気にしない、とにかく取り組んだからこれでいいと割り切ることにしました。

早朝は、何もじゃまが入らず集中できるし、必ず時間がとれる。

なので、早朝に30~60分(早朝60)


朝の家事・身支度が終わり、最初のレッスンが始まるまで、だいたい30分くらいは時間が取れることに気づき、朝の30分。(朝30)

昼食食べてすぐに30分(昼30)

という風に、必ずとれる30分を決めて、あとは、仕事の時間が不規則なので、日々のスケジュールによって、どこかにあと30分はとれるはずと考えて、毎日一日の予定を立てるときに、その30分をどこに入れるか決める。これはフリー30(と名づけた)

そうすると、一日合計、少なくとも2時間も学習時間が捻出できます。

このスタイルを、今年の初めから始めました。思い通りに行かないこともあって、改善を重ねて、自分の生活にに合わせて、上記のようになりました。

日によっては、この通りにいかないことももちろんあって完璧じゃないけれど、今までに比べると、はるかに学習時間が少しずつ確実に積み重ねることができています。

平日でも、時間を捻出すればあるんだ・・と思いました。

で、そんなに、一日にバラバラに配置されると、覚えていられない。いちいち時間を気にして、あ、もうすぐ時間だ、と考えることはできません。なので、Googleカレンダーを使い始めて、時間になったら、アラートが携帯に送られてくるように設定しました。

なので、あとはそれが来たら、そのタスクを淡々とこなすの繰り返しです。

長くなってきたので、続きは次回に。


にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑お好きなのをひとつ。クリックうれしいです。
[ 2015/03/11 17:38 ] _時間管理、片付け、整理収納 | TB(0) | CM(-)

キッチンの断捨離、水切りカゴは必要かの実験結果

GWの頃から、キッチンにある水切りカゴを使わないでいけるか?の実験生活を続けてました。(そのときの記事


結論から言うと、今も水切りカゴはありません。別になくてもそんなに困りませんでした。

食器拭いたり、しまったり、という今までの手間はあまり変わらないけれど、カゴを掃除したりするストレスもなくなり、広く見た目がすっきりということは、気持ちがよく、常にキレイに保とうとするし、シンクの掃除もしようか、という気になる。

なので結果的に、プラスが増えました。


あたり前にあると思っていたモノが、本当に今の生活に必要かを疑ってみる、と案外なくてもいいものってあるものですね。

140613.jpg
なんにもなくなった(^^




詳しい記事ををもうひとつのブログでレポートしてますので、興味のある方はこちらへ。

にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑お好きなのをひとつ。クリックうれしいです。

GWは片付けもやります

私は明日からGWです。5連休です。ゆっくり休み&楽しみたいです。


休みになると、片付けや整理をしたくなるのですが、今回は、キッチン整理をもう一度見直すことにしまして、特に水周りがいつも気になってました。
140501.jpg
水切りカゴって、↑これですが、カゴが汚れやすいんですよねえ。


140501-2.jpg
この雑誌をみていて、より片付けに火がつきました(笑)


140501-3.jpg

やましたひでこさんのキッチンだそうで、モデルルームのようです、すごいです。これで充分足りるそうです。


で、水切りカゴもありません。


ここまで徹底することは、たぶん私には無理と思うけれど、他のページには一般の人のビフォーアフターの例とか載っていましたが、ほとんど水切りカゴがない。

なくていけるものなのか?、と思って、ネット検索してみると、実践している人が結構見つかります。


カゴってすぐに水垢や、カビやぬめりがつくので、なしで済ませられたらすっきりするだろうなと思います。


なので早速、撤去し実験中。。。

どうなるやら。



またたぶん、記事にすると思います。(たぶん?)  ⇒ 1ヶ月半後、記事にしました


良いGWをお過ごしください^^b

にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑お好きなのをひとつ。クリックうれしいです。