2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07








英会話とイディオム

イディオムが、スラスラと会話の中で使えるように、、というのは

なかなか難しいものですね。

今日は、

動物の名前が入ったイディオムで、会話練習しました。
一般的によく使われるものです。


■ go to the dogs

  = said when a situation becomes very bad

■ let the cat out of the bag

  = to tell a secret to everyone

■ for the birds

  = worthless, terrible, uninteresting

■ straight from the horse's mouth

  = to hear something directly

■ monkey business

  = silly or dishonest actions



なんとなく知っているけど、

聞いたらわかるものもあるけど、


というレベルで、学生の時にもいろいろと覚えたものですが、


いざ、その場の話の流れで、とっさにはなかなか使えません。


何百回も口慣らしをし、例文を体にしみこませ、

イディオムがぴったり合う状況の会話など、場数を踏む。

ここまでしないといけないのでしょうね。

でもここまでしてこそ、会話力のレベルを上げていけるのでしょう。




がんばろうっと
にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑応援クリック励みになります。

「セミが鳴いている」と英語で言うと

少し前に書いた記事「辞書に載っているけど実際に使われない?」の続きです。

☆その記事に対して、コメントやメッセージをいただき、教えてくださった方々
ありがとうございました。

「蝉」を英語で言うと、

cicada

辞書には、米では  locust とも言う、と書いてあるものもあります。

※ 以下、一人のアメリカ人の返答です。


アメリカ人が、 locust と聞くと、

grasshopper (=キリギリス、バッタ、イナゴ) を連想するらしいです。


なので、 セミは、cicada  が正解。


セミが鳴いている という表現は、いくつか考えることができ、


(1)A cicada is chirping.

(2)A cicada is shrilling.

(3)A cicada is buzzing.

どれを使うかと聞いてみたら、

chirp は、どちらかと言えば、鳥がチュンチュン鳴くような音、で
よくよく考えたら正しくないかも知れないけれど、chirping な音に
聞こえるから、OKだよ。

shrill は、ハイレベルは単語だね。
僕はこの単語を考えないと思う(思いつかないと思う)けど、
これも正しい。

buzz は、羽を震わせて、音が鳴っているような音で、もしかしたら
これが、分かりやすくて一般的 かもね。


どれも分かるから、どれも間違いではないよ、と言う返事でした。


日本語では、セミと言えば、「鳴いている」という動詞がセットですが、

同じように、英語で、セミと言えば、この動詞を使う、というのはないみたいですね。

ちょっとしつこく、あなたならどの表現を使うって聞いてみても、

「考えたことないな~」


でした。。


アメリカでは、どうやらセミは日本ほど、common な昆虫ではないようですね。

カリフォルニア州出身のアメリカ人なのですが、育ってきた中で、セミの声は

ほとんど聞いたことがなかったようです。



で、英々辞典の cicada の用例の所に載っていた表現を聞いてみました。

じゃあ、

「make sound」とか「make noise」とか? と聞くと、

「うん、そうだね。僕はそう言うだろうね。」という返答でした。


make sound 

結局、これでいいみたいです。




こういう汎用性のある表現、いっぱいストックしておかなきゃ、ですね。


【追記 11/8/1】
数種類の子供用の英々辞典(大型を含む)に、cicadaが載っていないらしく、
アメリカでは、commonな昆虫でないのかと推測していますが、

正しいかは、分かりません。。

反対にセミが、日本と同じくらいcommonな、アメリカの地域・州をご存知の方いたらおしえてほしいです^^




にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ
↑今日は何位?ランキング参加中。
↑応援クリック、励みになります。ありがとうございます!

辞書に載っているけど実際に使われない?

この時期になると、家の前の公園のせみの鳴き声がすごい。半端ない・・

朝早くから

ミーン、ミーン、ミーン、ミーン

ジー、ジー、ジー、ジー、

いえ、元気なことはいいことですよ。

でも、定期的に行っているネイティブとの録音業務に支障が

でるんですよねえ。。


その件で、アメリカ人の先生と連絡をとらなければならなくなって、




「せみ」って何ていうんだろ?

「せみが鳴く」って??

使ったことも聞いたこともない英語なので、辞書で調べる。


cicada という単語だそうだ。

発音もチェックして声に出して、使えるようにしておく。


あれ、他の辞書には、

米では、 locust とも言う、と書いてあるので、

locustを使った方がいいのかなあ?


辞書には載っているけれど、実際にはそんな単語使わないよって

言われること、あるんですよね。


以前、へそくりの話をした時も、辞書から得た単語を使ったら言われました。

つい、日本人感覚だと「へそくり」という名詞を探してしまいそうですが、

『stash』という動詞を使うことを教えてもらった。


I stashed some money in the cookie jar. 




話がそれましたが、セミの件は、次に会ったら、一般的な表現を聞いてみよう。

「せみが鳴いている」も

「A cicada is shrilling.」と載っていたけれど、これでいいのか自信がない。

それとも、 「A cicada is buzzing.」 ?




にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ

↑今日は何位?ランキング参加中。
↑応援クリック、励みになります。ありがとうございます!

恥ずかしくなんかない

人前では発音練習するのは、抵抗があるので、

プライベートレッスンを好む人もいらっしゃいますが、


発音練習をグループでするのは、恥ずかしい、勇気がいる、って

感じる人は、案外多いのではないでしょうか。


また、英語を話すことも、

「恥ずかしい」というのがネックになるのはよくあることのようですね。


私もむしろ日本人の内気タイプの人間だし、

英語は、受験英語の出だったし、

ネイティブを前にして、一言も発せられなかった苦い思い出が

あります。

一応何年も英語をやって、手紙とかだったら英語で書けたにもかかわらず、

本当に一言も。

あの時には、本当に情けなくガックリきました。激しく落ち込みました。



そんな私なので、「恥ずかしい」「しゃべれない」という気持ち、本当によく

分かります。

英語を話すことは、相手の言うことをきき、自分で言うこと考えなければ

ならないけれど、

発音練習は、自分で考えなくて言い分、断然気楽です。

声を発する、

アウトプットする、

英語に触れる、

英語を話すための道につながる要素をもっています。



一言も声が発せられなかった経験を持ち、

また、元カタカナ発音の発音講師ですから、

みなさんの悩みわかります。


恥ずかしい、気持ちは、本人が思い込んでいるだけなものです。


気楽な気持ちで、楽しく長く学べる教室を作っていきたいな



にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑応援クリック励みになります。

持っている英語力を「使える」に変えるトレーニング

いつもお世話になっているブロ友さんが、

文法力を会話力につなげるための具体的な記事をシリーズで書いていらっしゃいます。

「魔女の宅急便」で英会話  です。


英語力はあるのに会話が苦手な方に大変参考になると感じましたので

紹介しますね。ご自身の学習に役立ててみて下さい。

私も、この機会にもう一度、洋書文法書を「イメージ音読」することにしました。





英語力があるのに、スピーキングが苦手、という方は非常に多いと思います。

日本人の文法力や語彙力は、非英語圏の人と比べると良いはずなのに、

会話力になると・・・・・・、というのはよく聞く話です。


「知っている」と「使える」の境界線は本当に大きいのです。

「知っている」内の10分の1程度しか、「使えて」いないんじゃないかと、

話す練習をしている時、私はいつも感じます。


インプットばかりしていても、突然英語が話せるようになることはありません。

この差を埋めていくためには、話すための訓練をするしかありません。


ながーくひょろひょろ英語人生で得た結論です(苦笑)

インプットしたものを、イメージ化して「アウトプット」する訓練を

しましょう。

インプットするだけよりも、しんどいかも知れません。

何度も何度も何度も繰り返しアウトプット練習することは、時間もエネルギーも
熱意も必要です。



でも、
英語が話せる人、いつまでも話せない人の違いは、

「ここまでするかしないかの違い」だと私は思います。


にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑応援クリック励みになります。

(コピーに失敗して)端っこが切れてしまった、と英語で伝えると?

英語の宿題プリントをやっていると、

110518


あれっ!!端っこが切れている!



ま、まあ、コピーをとったのは、この私ですが・・。

ま、いいか、と思いながら続けましたが、類推しながら読んだので、

ちょっとやりにくかった。

さて、この状況をレッスン時に、my teacherに伝えようと思ったのですが、

(端っこだけちょこっと切れてしまった状況を)

英語で何と言えばいいのだろう???


うーん。う~

脳内を検索中・・・


適切な表現が出てきません。。。


あなたならどうしますか。




私は、

コピーに失敗しちゃったので・・・(とプリントを示しながら、)

といった別方向から伝えることにしました。


さて、my teacherにこの状況をどう表現したらいいか聞いたら、こう教えてくれました。


It was cut off.

または、

It got cut off.


な~るほど。

また、出てきましたね 「off」

こうやってみれば単純な文、簡単な語です。

考えれば、出ない表現でもないなーーー。くやし~。




スピーキング力強化中
にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑応援クリック励みになります。

島から脱出したい、と英語で伝えると?(スピーキングのコツ)

最近、「LOST」を今更ながら観始めてます。

飛行機墜落事故により孤島で生き抜く人の話ですが、

そんな状況に陥ったら、もちろん誰しもが思うことは、


「島を脱出したい!」 ですよね。。


当然、その英語表現も出てきますが、あなたなら何と言いますか。




ドラマではこうなっています。







I want off this island. 



簡単ですねえ。

誰も知っている簡単な単語で表せてしまいます。


スピーキングって、日本人にとって一番難しい技能だと思うのですが、

私が思うひとつのコツはこれです。

伝えたいことを、まずできるだけ簡単に単純に考えてみる。

日本人の発想だと、つい「えーと脱出するっていう動詞はなんだっけ」と考えて
しまいがちですが、

分からなければ、他にもっと簡単に、自分の知っている単語を使って
言えないだろうかと考えてみることです。

実際に、日本語→英語をみると、なんだこんな表現でいいのか、ということが
たくさんありますよね。

あと、前置詞って結構使えますし、実際にそれだけで重要な意味を持ったり、
伝えたりできますので、

日本人にとって難しい部分ではあるけれど、

やはり前置詞の感覚は、磨き続けたほうがいいと思います。



そして、使ってみる。
にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑応援クリック励みになります。

ビジネスでの英語力は・・・

前に居た会社は、英語は直接関係のない仕事だったのが、

ほんとに、たま~~に、英語関連の仕事が入ってきた。

ちょっとした翻訳だったり、外国人がたまに仕事に関わったり。

それで、(ビジネスで通用する英語力では到底ないのに)TOEIC800ある

からとか、留学していたから、とか言う理由で、まるでものすごく

英語ができるかのように周りから思われたり、ベラベラなん?と

言われたりした・・・。

(んなわけないのに・・、ベラベラなら、ここに居ません・・)←心中。


普段、全く英語を使わずにたまにそんな仕事をしたって、

簡単な言葉を交わせるくらいです。

仕事の話は、知識があるからそれで補うことができるので、なんとなく

何をしゃべっているかついていける、、そんな感じでした。


せめて、ビジネス上で困らないくらい、英語を道具として扱えるように

なりたいものだと思っていたけど、普段は全く使わない、勉強もする気も

起きないじゃあ、伸びるわけもありませんねえ。

4~5年位前の話なんですが、

その時から、大きく変わったことは、発音を学んだくらいです。

しばらくは発音ばかり勉強していて、英語を勉強しなおしたわけでもなかった。

最近になって、ようやく英語のブラッシュアップを始めたわけですが

「忍耐」「努力」「根性」などという気合のものはなく、

気楽な気持ちで取り組むようになったのが、昔との大きな違いでしょうか。


ただ、TOEICという試験になると、さすがにきちんと取り組まなければ・・・

と内心かなり焦っておりますが・・・


さて、ここしばらくフランスの話がちらほら出てきていますが、

また少々ネタを思い出しました。(ネタというか実話なんですが)

明日から、週末にかけて3夜連続でお届けしたいと思います(←大げさな)

良かったらご覧下さいませ~。

ビジネスで関わったフランスはとても良かったんですよ。。。

おもてなしを受け、ご馳走をいただき、人も良かったし、参加したイベントも

とても楽しめた。なのに、なぜか一人で観光していた時は・・・( ̄- ̄)


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へにほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へにほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ ←お好きなものをおひとつクリック
クリック1
いつもアクセスありがとうございます