12月どれだけ映画が観れるだろう

12月ですねえ。あとひと月です。


スカパーの契約がどうやら2年が過ぎたようで、アニバーサリーサービスというのが贈られてきた。

131202.jpg

1ヶ月間、好きなチャンネルを2100円分まで無料でみれるんだって。ほう。


悩んで、映画専門の『STARチャンネル』を選びました。
で、12月のみらしいので、早速昨日からみてみると、見てみたい映画がいっぱいです。

ジュリアロバーツ特集とか、
オリジナルとリメイク版の見比べ映画とか、なんか色々やってます。

でも、映画ってなかなか見る時間てとれないんですよねえ。一日一本なんて観れるかどうか。

しかも、時は、師匠も走る、師走です。



たくさん録画して、正月観るパターンかな。とりあえず、観れるだけでも、12月がんばる。

12月の目標ってそんなん?



にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑お好きなのをひとつ。クリックうれしいです。
[ 2013/12/02 16:24 ] _洋書や映画 | TB(0) | CM(0)

最近観たDVD「The Others」

最近観たDVDは、

The others」「The King's Speech」(いずれも原題)で、

どちらも、British English です。

イギリス英語を聴くのは好きなのですが、どうしても発音を比べてしまい、

やっぱり、アメリカ英語の方がはるかに聞き取りやすいんですよねえ。

「The King's Speech」は特に難しくて、昔?の英語だからか、王室英語だからか、字幕なしではとてもついていけなかった。


昔は、この英米の発音の違いなんて全然分からなかった。一体何を聴いていたんだろう?と思う。母音とかイントネーションとかかなり違うのに。



ちなみにどちらの映画も、楽しめました。


にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑お好きなのをひとつ。クリックうれしいです。
[ 2013/10/17 23:56 ] _洋書や映画 | TB(0) | CM(0)

映画「リンカーン」観たけれど

昨日、映画『リンカーン』を観てきたのですが、ムズカシカッタ・・。

リンカーン大統領が暗殺される前の4ヶ月を描いた作品で、奴隷制度廃止の修正条項を議会に通すための奮闘が主な内容です。

アメリカ史の背景知識や、政治的背景や、共和党・民主党とか、そういう前知識が乏しいもので、難しかったです。

映画を見る目的の一つは、英語を聴きたいからなのですが、英語どころか、字幕を読んでいても、なぜ言い争っているのか、何がそんなに問題なのか、政治的立場とか、よく分からないところが多かった


英語だけではなく、歴史や文化の知識などその国のことも知らないといけないですね。


にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑お好きなのをひとつ。クリックうれしいです。

[ 2013/05/09 08:41 ] _洋書や映画 | TB(0) | CM(0)

『Life of Pi』を観てきました

昨日、『ライフ オブ パイ(Life of Pi)』を観てきました。

トラと227日間太平洋を漂流する、というありえない話ではあるけれど、まあまあ楽しめました。漂流するまでの前置きが長いけど。

これは原作本があるんですね。それに基づいて映像化されたみたいです。

しかし、このありえない話をリアルに映像化するんですから、CG技術、、というのか、すごいなーと感心しながらみてました。


(ああ、映画の感想は難しい)

にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑お好きなのをひとつ。クリックうれしいです。
[ 2013/01/28 23:04 ] _洋書や映画 | TB(0) | CM(0)

『オズの魔法使い』を観て

冬休み中に、『オズの魔法使い』のDVDを鑑賞しました。アメリカ人の先生に、いい映画だよ、と奨められていたのでずっと気になっていたんです。

旧作の方なのですが、製作は1939年だそうで、その当時でこの映像と演出、歌と踊り。素晴らしい作品だと思います。

カンザスにいる場面は白黒画面なのですが、OZの世界に入ると途端に画面が鮮やかなカラーに変化します。ドロシー役の女の子にもひきつけられるし、ミュージカル映画として楽しめます。ファンタジーの世界にどっぷり、童心とか純真な気持ちを思い出すような映画でした。


この作品です

またはこのページ


にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑お好きなのをひとつ。クリックうれしいです。
[ 2013/01/10 23:07 ] _洋書や映画 | TB(0) | CM(2)

「Who Moved My Cheese?」を読んで

記事にするのがとても遅くなってしまいました
この日本語版を読んだと以前記事にしましたが、今回は原書の紹介です。

120817
「Who Moved My Cheese?」by Spencer Johnson,M.D.

自己啓発本で、物語自体はシンプルなのですが、深いメッセージがこめられているといった内容です。

英語も比較的やさしめです。単語も文章もそれほど難しくはありませんが、子供向けではなく大人向けなので、英語学習者には良い一冊ではないかと思いました。

TOEIC600くらいレベル向きかなと想像しましたが、(あくまで目安です)
それ以上でも以下でも、それぞれに勉強になると思います。


私は1ページに知らない単語がひとつあるかないかくらいで、文法的にも分かるのですが、自分ではなかなか書けない・思いつかない、英語らしい表現やいいまわしを気にしながら読みました。


洋書となると、つい難しめのものを読もうとする場合が多いと思います。

私も昔そういう失敗をして、結局挫折したことがあって、こういう読みやすいものとかやさしいものをたくさん読めば良かったなと思います。


さてもうひとつ、物語に出てくる4人(2匹と2人)の名前が

Sniff  Scurry  Hem  Haw というのですが、実はキャラクターの特徴を示唆しています。

示唆・・というよりはっきりしていて、ネイティブだと、

Sniff と Scurry は働き者で、

Hem と Haw は、文句や言い訳ばっかり言って何もしない人というイメージを持つようです。


翻訳本になると、単にヘム、ホーと訳されるので、そのへんの意味合いがまったくなくなってしまうのですね。(翻訳本には最後に注釈を入れてましたが)仕方のないことですが、やはり原書を読んだ方がおもしろいわけです。

※hem and haw とは、イディオムです。

 はっきり言わずになんかもごもご、ぶつぶつ言っている様子


ロングマン英々辞書の例文を引用します

Doug hemmed and hawed when I asked him where he'd been.



ちなみに、haw という語はどういう意味なんだろう、と思って辞書を調べたけれどよく分からなかったのでネイティブの先生に聞いてみたら、haw だけでは使わずに、hem and haw のセットで使われるから、haw自体の意味はあまり考えたことない、そうです。

[ 2012/08/17 22:22 ] _洋書や映画 | TB(0) | CM(0)

スタートレック攻略?

以前、スタートレックの面白さが分からない・・の記事を
書きましたが、


その後、たま~~に続きを観ていたのですが、

なんとなく面白くなってきたような・・
ん、、やっぱりそうでもないような・・

だったので、

楽しむを止めました・・あきらめました


鑑賞を止めるのは、何となく負けたような気分なので^^;


そうだ、英語を学ぶ目的に変えよう!


とにかく、T先生はスタートレックの大ファン。

何でも知っているようなので、


英会話レッスンの最初のフリートークで話すテーマにしよう!と思いました。


早速、この前の会話レッスンで、


「どうやら私は、先生ほどこのDVDが楽しめないみたいなので、

リスニング目的にして、あらすじと感想を述べます! 」宣言で

レッスンがスタート。


「The Galileo Seven」のエピソードを説明。



T先生はしっかり聞いてくれて、英語の間違いや、別の表現もおしえて くれた。


結果的に、なかなか良いアウトプットトレーニングでした!


前準備として、DVDを3~4回ほど見て、キーワードとなる語を拾って、

あらすじをまとめて、頭にいれ、

ストーリーのメインポイントをつかみ、自分の感想などもちょっと入れて、

と風に英語を考えました。

何回見ても、聞き取れない所とか確信の持てない所とかあったけれど、

スタートレックはさすがの人気のようで、ネットで、ストーリー解説の日本語ページ

なんかがあるのですのねえ。

ちょっとカンニングしました・・・^^;



目的を変えると、また続けて観る気が出てきたのも、良い誤算。

その内、スタートレックの面白さに目覚めたりして!(可能性は薄・・)



かなり脳を使って、疲れたけど、こういうことをしないといつまでも

会話のレベルは上がらないと思って、続けてみよう。




にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ

[ 2011/10/21 23:11 ] _洋書や映画 | TB(0) | CM(0)

映画「ライフ」

BBC製作の映画「ライフ」を観てきました。

110919

連休だったけれど、結構すいてました。

BBC製作のネイチャードキュメンタリー、好きなんですよね。

Deep blueとか。

完全日本語版だったので、イギリス英語が聴けなくて残念でした。



映像がすごいと、聞いていましたが、
蟻のような小さな生き物から、ゾウのような大きな生き物まで、
どれも、細部にわたって、どアップで撮影されているんですよね。
これを本当に撮ったの?と疑いたくなるような映像でした。

細部までの描写がすごいので、
最初は感動したのですが、

だんだんと、動物生態を分かりやすく、人間の目ではなかなか観察できない細部までを
映像化して、説明してくれるものを

観ている気分になってきたのでした。

感動を期待して行ったのですが、見終わった感想は思っていたよりも

違っていたかも。



しかし、撮影のための相当な時間と、粘りと忍耐強さには、ただ脱帽。

撮影技術もどこまで進化するのでしょう。



にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑応援クリック励みになります。
[ 2011/09/19 22:46 ] _洋書や映画 | TB(0) | CM(0)

Star Trek観たけど・・(落書き付)

T先生(←アメリカ人)と会話している時、

私がこんなDVDを観た、あんなDVDを観た、という話を出すと、

決まって、

僕の中で、ベストなTVドラマは、『Star Trek』だよ!


と毎回言われるので、

私もどんな作品なんだろうと興味がわき、観てみたいと思っていた。

特に初期の作品がいいそうなんですが、

初期の作品は、さすがにツタヤなどにも置いてないんですね。


スタートレックシリーズって、何度もリメイクされて、TV版、劇場版やら、

配役も変わったりで、いろいろなシリーズがあるんですね。

(全然知らなかったけど。。。)


そんな流れから、一番最初のシリーズを貸してくれることになって

観ているのですが・・・・


110826
Star Trek 『The Cage』より引用


面白さが分からない・・・


私の英語力のせいか、

国籍の違いか、

育った環境の違いか、、

単に好みの違いか、、、




英語力が原因というのはありそうだ・・。

そうだ。とにかく背景知識が分かれば、より楽しめるかも!

ウィキペディアをみてみよう。。




110826-1


110826-2

にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑応援クリック励みになります。



誰か、面白さ教えてください。。
[ 2011/08/26 22:45 ] _洋書や映画 | TB(0) | CM(4)

パイレーツ・オブ・カリビアンを観た

5月末で期限切れとなる映画チケットがあったので、週末、あわてて

観にいってきた。早速の梅雨入りで、雨つづきのせいか、人が映画に

流れたようで、かなり混雑してました。

「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉 」


大画面で見ると楽しめますね。

前から2列目の席しかとれなかったので、さらに迫力大画面だった、斜め上から迫りくる。。

ストーリーは、予想を外れるものでもなく、Johnny Depp扮するジャック・スパロウは

不死身だった。

美しく凶暴な人魚の登場が、なんか印象に残っていたりする・・

人魚がいたら、あんな泳ぎ方をするのだろうな、と思わせるリアルさがあった。


私の素朴な疑問ですが、映画やドラマは、どうして「ジャック」っていう主人公名
ばかりなのでしょう?


映画通でもドラマ通でない私だが、なんだか「ジャック」によく出会うような。

24
LOST
スピード
パイレーツ・オブ・カリビアン
 ・
 ・
 ・

探せばもっといっぱいあるような。




ブラックジャックも浮かんだが、これはちょっとカテゴリーが違うか。。。
にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑応援クリック励みになります。
[ 2011/05/30 17:44 ] _洋書や映画 | TB(0) | CM(2)

ジャックバウアーの英語

先日、「24」のシーズンすべて観終わった。

ここまでくると半分意地なところもある(笑)

突っ込みどころもかなり増えてきたし、あり得ない設定や裏切りに
慣れも生じ、この辺りがシリーズ終了にちょうど良いかもね。

ジャックがどうなったかは、ネタばれは、なしにしておきます。

シリーズ1を見始めたのは、もうかなり前のことで、たぶん5、6年前かなあ。

最初は、単に楽しみで観ていたが、最近英語教材になるほど
になっているのに気づいた。

24は、何せいつもせわしなく切羽詰っているストーリーなので、
台詞は当然多くて超速い。。。
以前は、英語字幕を出していても、その速さに理解力がついていかなかったので、
教材としてほとんど成り立たなかったので教材としたことはなかった。

でも、今は、聞き取り力も理解スピードも高まっている気がしたので、
(↑DVDを見続けたから、ではないですよ。念のため)
最終シリーズは、英語教材としても取り組んでみた。

DVDが教材になれば、かなり楽しいものだ。
それも以前は歯が立たなかったものだから。

夫とみるので、最初は日本語音声と英語字幕で観る。私はストーリを楽しみながら
英語字幕も読む。
(この日本語聞く間に、英語字幕もチェックして理解する、というのも以前は出来なかった。)


それから、英語音声と英語字幕を利用して、不要な所はとばし、必要な所は
止めたり繰り返してみたり、せりふをまねてみたりと、さらに2回観た。

というわけで、ファイナルシーズンは楽しみ以上のものを得たかも。


しかし、ジャックの英語は難しい。
英語字幕を出していても、「え、今この英語全部言った?」と思うくらい、
速くて聞き取りにくかった。
まあ、他のCTUのメンバーもかなりの速さだけどね。
でもジャックははるかにそれを上回る。。




にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ
↑応援クリック励みになります。
[ 2011/02/22 22:46 ] _洋書や映画 | TB(0) | CM(0)

映画鑑賞「インセプション」

レオナルド・ディカプリオ主演の「インセプション」を観てきました。

ある新聞ではあまり良い評価されていなかったけれど、

渡辺謙の英語を聴きたい、という目的もあったし、観にいってみたら

私には、かなりおもしろくて、楽しめました。

映画評論とか、難しいことは分かりませんが^^;
自分が楽しめれば、それでOK。な私

「シャッターアイランド」よりは、良かった。

夢の中に入ってアイディアを植えつけるという発想もおもしろいけれど、
それを映像にするというのもすごいな~と思う。

現実なのか夢なのか、想像力を働かせながら観る一方、英語も必死で
聴き取ろうとしてましたので、終わった頃は、脳が大活性化して疲れました。
けど心地よい疲れでしたけど。

渡辺謙の英語もさすがでした。
役も重要な人物を演じていて、存在感もあるし。
(でも、長いセリフになると聴き取りにくかった)

さすが、私が見込んだ人だ(←?)




・・・・全然関係ないんですけどお、渡辺謙さんの話であることを思い出した。


昔、10年くらい前かな。渡辺謙がハリウッドへ行く前で、ご病気する前
だった頃のお話ですけど、

友達に、

「芸能人で誰のファン?」と聞かれたことがありました。

芸能人で、むっちゃ好きな人とかすごいファンの人とかいない私は、この質問には
ひそかに困るんですよねえ。

で、誰か答えなきゃと思い、

とりあえず「渡辺謙」と答えると、

その友達の反応が

「えええええ~~~~!!!!」だった・・・。

かなりのびっくりリアクションだった・・。


その子は、ジャニーズ系のファンだったので、
あんなおじさんと言いたげな風に・・・。

いいやん、人の好みはそれぞれなんだから、と思う一方で、
これは、引かれてしまう答えなのか・・・と思い、小市民な私は、
そう答えるのを止めた。。。

しかし、今や日本が誇る国際俳優になられたので、今なら堂々と
言えるよね~?


にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ
↑いつもクリックありがとうございます。
[ 2010/08/13 15:55 ] _洋書や映画 | TB(0) | CM(0)

ハチ公に負けた・・

昨日、

夕食も、後片付けも終わって、

さて、やり直し英語をしようと思って時間。

TVで「HACHI」の映画を放送してました。

いわゆる名犬ハチ公のアメリカ版の映画ですが、こういう犬ものは弱いんです。

ストーリーは分かっているのに、ハチのかわいさとけなげさに
ついつい見入ってしまい、とうとうラストまでそのまま観て
しまいました。

リチャードギアとの絆もステキだったし、
ハチ役の秋田犬の演技も見事だったな~すごかったな~~。
どうやって撮影しているだろう。


100807

にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ←いつもありがとうございます^^
[ 2010/08/07 11:58 ] _洋書や映画 | TB(0) | CM(0)

映画鑑賞の日

今日は、天気も良くって、GW真っ只中なこともあってか、外にでると
なんだかひっそりしています。スーパーも空いているし、
近くの公園も人が少ない。
行楽や旅行で楽しんでいる方がたくさんいらっしゃるのでしょうね。


昨日は映画の日だったので、「シャッターアイランド」を観てきました。

「謎解きに挑め」「驚愕のラスト」「脳は都合の良い解釈をする」など
広告がすごかったので、超日本語吹替版を選んで観てきました。

複雑なもの、難解なものって、字数制限のある字幕では、分からなかったり
することもあるので。
しかし、その準備はいらなかったか?

やや自分的には、期待がそれたものでしたが、なんだか色々と
疑問がのこり、あとでネットレビューとか見ていると解釈の違いが
いろいろあって、あれこれ考えだしてしまう余韻が残る映画でもあった。



にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
[ 2010/05/02 15:14 ] _洋書や映画 | TB(0) | CM(0)

「グッドナイト・ムーン」

DVDで「グッドナイト・ムーン」を観た。
グッドナイト・ムーン [DVD]



スーザン・サランドンとジュリア・ロバーツが、実母と継母の役をする
しっとりと家族愛・母親愛を描く映画でなかなかよかったです。

やっぱりジュリア・ロバーツ好きだなあ。美しくてかっこよくて、
見ていて引き込まれます。

セリフも家庭内・日常的な内容で、比較的聞き取りやすい。

聞き取れる所が多く、こういう映画をみると、リスニング伸びたかな~!?
と思う私。妄想じゃなきゃいいけど(苦笑)


というのも、少し前に
「プラダを着た悪魔」を観たのだが、これは聞き取りが難しかった

ファッション用語やらブランド名やら固有名詞がたくさん出て来て、早口で
知らない単語なのか、聞き取れなかったのか、ごちゃごちゃになったのでした。
でも、ファッション的にはかなり楽しめました。
プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]


両作品とも女性にお勧めです。


ところで、「グッドナイト・ムーン」の原題は「STEPMOM」なのですが、
邦題は一体どうやってついたのかなあ。
観終わっても、タイトルとむすびつかなかった。。


いつもありがとうございます。
クリックが励みになっています。
にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ  みんなの英会話奮闘記
[ 2009/09/04 09:55 ] _洋書や映画 | TB(-) | CM(2)